伝家の宝刀オーソリティ性で信頼UP。キャッチコピーでこれはすごいと思わせる方法

スボンサーリンク

オーソリティ性とは、専門家のお墨付きで権威づけをして信頼を得るための手法です。
紹介する商品がどんなにいいものでも何か決め手に欠けるってことはよくあることです。

こんなにいい素材を使ってて、うちの商品を購入すればあなたはきっと快適になれるでしょうって・・・。う~ん確かにいいんだけどなぁっ、あと一歩のとこで二の足を踏んでしまい結局は購入せずに立ち去ってう。または別のお店で同じものを購入されてしまう。
もう一歩のところでキャッチコピーによる権威づけで信用UP「オーソリティ性」を紹介します。
photo credit: /amf via photopin cc

スボンサーリンク

メディアに習え!博士っぽい人が言うとなんとなく信用してしまう(笑)

博士っぽい人

photo credit: Lisa Brewster via photopin cc

売れてるネットショップやホームページで少し下にスクロールしていくと、よく出てくるのがこのオーソリティ性です。よく見るのが、学者・医者・聞いたこともないような失礼(笑)、〇〇研究所所長といった人たちが「これは非常に理にかなっていると思います。効果が期待できると思います。」などもっともらしいことを言って、こちらもなんとなく信頼してしまいます。
そうです。見ている側は偉くて詳しそうな専門家が言ってるんだから間違いないんだろうなと思ってしまいます。そんなこんなですっかり信用してしまうのです。

ほかにも有名人とか

「あの〇〇さんも使ってる」とか「〇〇さんがハマっている」などなど。CMと同じ原理ですね。有名人の影響力を存分に使って信頼を得るパターンです。しかし、勝手に人の名前を商品プロモーションにつかっていいのかどうか…。

もっと簡単にできる信頼アップのキャッチコピー

だったら誰かを特定しなけりゃいいんじゃない?ってことでおおまかな人を特定する方法にシフトチェンジしていきます。

つまり、人をカテゴリ分けしていくわけです。

これをカテゴライズという…。

  • 職種
  • 性別
  • 年代
  • こんなことに悩んでいた人たち

そしてその人たちが何をした・どうなったを訴求します。

  • 作った
  • に大人気
  • なおった

組み合わせてみる

  • 大工さんが手放さない金づち
  • 歯医者さんが考えたかゆいところに手が届く歯ブラシ
  • 女子会専用スイーツセット
  • 40代から始まる男性特有の病気対策
  • 肩こり歴20年。改善したヒット商品

まとめ

今回の記事ではオーソリティ性というテーマでお客様に信頼と興味を頂くという感じで投稿しました。リアルのお店やネットショップ・ホームページでも非常に有効に使えるでしょう。TVの通販番組でもよく偉そうな人がお墨付きをしてますね。

そんなこんなで信用してしまうのがすごい所ですが、お墨付きをくれる人はなかなか見つからないのも現実問題。大手であれば依頼したり、有名人を宣伝に起用できるでしょうが小さな会社・お店はやはり3で紹介した人をカテゴリ分けて言葉をつなげていく方がすぐにできる方法ですね。

ぜひぜひお試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*