解決策はある! ブラック企業の辞め方伝授します

ブラック企業辞めたぞ

ブラック企業に勤めていました。はい、トラウマです。社畜として馬車馬のようにあくせく働きかつ追い詰められたことがあるんですけど、やばかったですね。精神崩壊をかいま見た気がします。今さらながら、もっと早く辞められなかったのかなと思う。

といってもなかなか辞めさせないのもブラック企業の特徴ですから…。この記事を読んでいる人も悩んでいると思いますが、ブラック企業の辞め方はあります。僕が経験したことなんですが、参考になればと思うんで読んでみてください。

スボンサーリンク

ブラック企業の特徴

キリがないほど特徴があるかもしれないけど、代表的な例を挙げます。

残業が多すぎ、残業代出ない
パワハラ セクハラ
休日出勤当たり前
仕事量の割に給料低過ぎ
離職率高い
体育会系、軍隊式(洗脳化)
理想論的な言葉で悪待遇を正当化する

どんな職場でも忍耐は必要です。でもめちゃくちゃ働いているのに生活が苦しいとか、パワハラセクハラで精神崩壊寸前までとかそんなのは明らかにおかしい。そんな時は考えたほうがいいかも。大体は辞めますが、それでもブラック企業で生き残っている人って

会社に洗脳されてんじゃないの

ってぐらい異様に上には従順で下には鬼軍曹化しています。そういう人が上司になってしまうとヤバイ…。仕事は楽しくのぞみたいですもんね。今後の対策を練るべきでしょう。

ブラック企業辞め方

では僕が実践したブラック企業の辞め方をご紹介。併せて、他にも辞め方を調査したんで、そちらも記載します。
そして前提ですが

次の職場を決めておくこと

勢いで辞めて生活に困ることがないように気をつけよう。
次の職場が決まっていなかったら

失業保険の受給資格があるかどうかの確認

受給資格があれば辞めるときに必要な書類を貰えるように申告しましょう。辞めてから書類くださいとは言いにくいよね。

辞める理由を整理する

理由は建前でもいいんです。だって「ブラックだから辞める」なんて言いにくいし。実際、会社側も辞める理由なんてわかっているはずです。ブラックだから。ただ、労働条件に不満があると告げれば「じゃあ改善する」「みんな同じだ」と引き止めにかかる場合があります。

理由は建前でも実家の仕事の手伝いとか正当性のあるものを選びましょう。「一身上の都合」でももちろん大丈夫です。

またブラック企業って全てとは限りませんが

引き止め工作にかかります

恫喝したり説得したり。「今辞めたらどこに行っても通用しないぞ」なんて定番のセリフを言うでしょう。ちなみに僕自身辞めると伝えたら恫喝での引き止め工作に遭いました。聞き流しましたけどね笑。

退職願いを作る

決心したらどう辞めると伝えるか。口頭より退職願いを提出するほうが正しいです。提出は直属の上司に。今月いっぱいとか少しは余裕を持ったほうがいいです。ただブラックなだけに「今日付けで辞めてオッケー」と言われるとこもあるでしょう。なぜなら相手も慣れてるんです。

もし直接のやり取りさえしたくないほどだったら書面で「退職願い」ではなく「退職届」を郵送する方法もあります。退職届は何月何日に辞めますって伝える方法です。労働基準法で2週間前に伝えれば辞められるようになっていて、会社も認めないといけません。

スボンサーリンク

何かあった時のために記録に残す

本当にヤバイとこって脅してきたり辞めるなら損害賠償を請求するなど言います。ホントです。なるべくなら会社との話は録音しておいたほうが無難。辞めるなら給料払わないとかありますからね。

スマホにもボイスレコーダーはついているしアプリで電話の会話を録音するものもあります。

TapeACall Lite - 通話録音

TapeACall Lite – 通話録音
開発元:Epic Enterprises
無料
posted with アプリーチ

使わない手はないです。ちなみに僕は電話で給料払わないと言われた時、録音していたんで労働基準監督署に伝えました。会社からは「労働基準監督署に言うなんて」と嫌味を言われましたが「それあんたが悪いやん」と思います。

続き〜 記録は損害賠償に使える

記録に残すのは会社に請求する場合に有効な武器になります。

事例
飲食チェーン「しゃぶしゃぶ温野菜」のフランチャイズ店舗でアルバイトしていた男子大学生が女性店長とその店員(店長の旦那)からパワハラ・脅し(殺すの暴言)などで、学業に支障が出ほどの長時間労働を強いられました。店舗の運営会社「DWE Japan」を相手取り慰謝料や未払い残業代など約800万円を求める訴訟を起こしました。

これはテレビでも流れたんですが暴言を録音していたし、電話での会話で脅されていたのを録音していました。紛れもない証拠になるんでおすすめです。

これがその証拠だ!!!!!

トラブルの相談先を知っておく

辞めさせまいと「いちゃもん」つけてくるとこってあるんですよ。そこで先に述べた記録に残すことが必要です。
かつ、相談先を知っておきましょう。

男子学生の場合は学生が加盟する「ブラックバイトユニオン」という団体に相談して明るみになりました。

僕の場合は労働基準監督署に相談して会社に指導が入りました。こういうのって知ってると知らないとじゃ大違いです。一人でどうすればいいか悩まなくて済みまよ。

今後のため、入る前にブラック企業の見分け方

さて、ブラック企業に入らないために注意しておきたい点をまとめます。もし自分の会社はブラック企業なんかじゃないかって思う人は、当てはまるかどうか確認してみてください。

常に求人をだしている
求人広告で仕事内容がわからない
面接官が威圧的オーラ
「○○は大丈夫? 」と後々問題にならないように確認してくる
面接官について「この人とは働きたくない」と感じた
試用期間が長い(4カ月〜)

これくらいは見ておいた方がいいでしょう。僕が実際にブラック企業で働いた時のことを挙げてみました。社会経験が浅い時って「会社ってこんなもんなんだろうなあ」と思ってしまうけどブラック企業は働いちゃダメなとこだと思います。

ブラック企業大賞

知っておいた方がいいのが「ブラック企業大賞」です。ブラック企業大賞企画委員会によって運営されていて、過労、サービス残業等の過酷な労働を強いるブラック企業の中から頂上を決めるという企画で始まったもの。

ブラック企業大賞に詳細が記載されているんで参考になりますよ。セブン-イレブン・ジャパンも該当しているのか〜。そんなイメージなかったから意外でした。内情ってわからないなあ。。。
仕事選びで失敗はしたくないからがんばりましょ。

最後に

いかがでしたか。あってはいけないことが世の中にはあるんです。そしてブラック企業に入ってしまいあなたの人生を狂わせる必要はありません。

仕事って辞めたくなることは必ずあるでしょう。それがただの甘えなのか、ブラック企業で不当な扱いにより辞めたいのか。冷静に考えてみて、自分を信じて決断してください。

ブラック企業辞めたぞ