毎週「求人募集」してるブラック会社で1年半働いてわかったこと

ブラック会社に疲れて浜辺でぼんやり

ブラック会社に1年半ほど勤めてわかったこと。まぁ、数年前のことですけど。

どうも、ゆきお( @MirokuNet)です。

今更ですが、楽しい気分で執筆してみよーといきり立ちました。あの頃を、冷静に振り返ることができるようになったからですね。

ちなみに僕が勤めてた会社に関してです

そのブラック会社は、タイトル通り「毎週求人をしてる」とこです。

こういうとこって仕事を探してるとき、毎週掲載されるから覚えます。そして、だんだん「ここでいっか」てな妥協感で応募してまう。

実は、こんな気分になるのも掲載戦略でして。時間をかけて覚えさせ、アクションをおこさせる「Reマーケティング」の一種です(Reマーケティング:なんども商材、サービスを見せて、気になるようしむけること。駅の看板、TVのCM、ラジオのCMで、何度も見聞きして意識に植えつける)。

当時は地獄に感じましたが笑、今では面白い過去なのでルポとして楽しくご覧ください。

スポンサーリンク

ブラック会社の求人広告

ひじょーに不透明かつ魅力的です。なにがって言うと、仕事内容は「通信系インフラ整備」「病院に◯◯水をご紹介する」「売るのではなく案内する仕事」などが仕事の案内文。

「???、???」、なんじゃそりゃ?

売るのではなく案内する仕事、だけど営業職!

あまりはっきりと言わなーい内容です。本当は、「一軒一軒飛び込み営業です」。売るのではなく案内する仕事だけどノルマがあったりして Σ(^o^;

でも、これより心おどる待遇面が素晴らしいのです。

  • 基本給27万円
  • 転勤なし
  • 残業は少なめ

幸せがあふれてます。
残業少なめって具体的に何時間? そこをうまくごまかそうとしています。少なめだけど、月40時間ぐらいだね。

いざ社員へ

僕の勤めていた会社では応募の電話 -> 面接 -> 即採用です。この不景気にいいいいい、すぐ働けるうううううう!!

就活中でお財布がきびしいときに、神です。いや、ほんとは悪魔ですけど、困っているときは神ですw

面接ではお決まりの質問、「前の会社をやめた理由は?」。会社の説明を軽くしたら「ほかに質問は?」で、終わり^^

「じゃあ、『いついつ』から出社してください」。ヤッホー、就職楽勝じゃん!!!!!

残業は修行だ!!!

研修5日以降からが天国です。

定時は8時30分―18時。まぁ残業は当たり前しょうけどね。素敵だったのは、20時ごろに終礼をしてから始まる

壁にむかって営業トークの練習

小休止を含めて、21時半から22時くらいまで。
「よし、もういいよ」と部下思いな上司の許可を得るまで続けます。それから明日の準備して23時頃会社を後にする。

壁に向かって話してると、だんだん人が見えてきます。幻覚?? いえ、悟りです。
こうやって社畜として洗脳されていくんですね。

スポンサーリンク

月に2人から5人くらい新入社員がやってくる

採用率が高いので人もバンバンやってきます。やってきますが、2週間から1ヵ月くらいで辞めます。しょうがない。で、思うのは辞める判断が早いのは正しいこと。

僕はなんだかんだで1年半だらだらいたから、辞めるなら早くするべきだったかなぁ…と今でも思う。

若くていろんな事を吸収する時期にブラック営業を身につけてたのって、自慢にならないから。

会社も必死

ただ、会社側もある程度数字を出す人間を辞めさせたくないんです。辞めさせないために必死に説得にかかりますww

辞め方はの詳細はこちら → ブラック企業の辞め方教えます

人が育たないから、なんとか引き止めたいんです。で、長期間ブラック会社でお世話になってるとブラックエリートの完成です。

ブラックエリートとはブラック会社にそまりきった人、ブラックな営業において凄まじい数字が出せる人。
なってはいけないエリートですよ。

そういう人の醸しだす、威圧的な妖気を身にまとうのは、御免こうむるです。

辞めるときは、何を言われようと絶対にひかないと腹をくくって望むべし。

「ヤバイ、これ完全にブラックだ」と悟ったらすぐ就活するのも必要だね。

ひと言

求人募集にあせりは禁物。でも、どんな会社も入ってみなけりゃわからない。でもでも、甘えじゃなくブラックとはっきり自覚したら、休みの日は堅実に就活するのもあーりー!!!

一番大事なのは自分です。会社のために犠牲になっても助けてはくれません。自分を大事にして、良い社会生活を送ってください。

スポンサーリンク

ブラック会社に疲れて浜辺でぼんやり