悩んでませんか。後輩の叱り方3つ

後輩生意気

気兼ねして後輩を叱れない。優しいあなたは悩んでませんか。怒るのが苦手とか嫌われたらどうしょうとか…。仕事ができる後輩、生意気な後輩…色々といますよね。

でも、だぁーいじょーうぶー Σ(*´ω`*)オーイエー。怒るのが苦手ならそのままでいいんです。無理して声を荒げハッと我に返る。「あ〜、やっちゃった」と落ち込む。そんなこともありません。先輩として「叱る」技術を磨けばいいだけ。

叱られる理由を作った後輩は、指導しなければなりません。叱るのは後輩のためです。そして、ストレスの種をなくすため。結局自分のため(笑)。だから、後輩に嫌われたらとか怖がられたらとか、そんな考えは捨てちゃいましょー。

スポンサーリンク

後輩を叱れないとどうなる

自分は叱られないとわかります。結果、すんごい図に乗ります(笑)。自分は許されると勘違いし、あなたを困らせるでしょう。

こんな実例があります。連続で無断欠勤をした人がいます。久々に出勤したら管理職や先輩たちは「久しぶり」と笑って迎えました。きつく叱ることもなく笑顔で迎えたのです。本人も笑って許してもらおうとします。こうなると、くせになります。再び無断欠勤をしました。

これは、叱れない管理職や先輩が職場をダメにした例です。誰も叱れないというのはまれでしょうが、職場としても人材も成長しません。そして、「本当は怒るところだし叱らなきゃ」と思うあなたのストレスは膨らむばかりです。膨らむのは財布だけでいいのです(笑)。

後輩の叱り方

この記事をお読みの方は後輩を叱るということが苦手だと思います。よくよく考えたら、仕事を覚えることは一生懸命やっても、指導という意味を持っての「叱る」行為は習うことも研修もないですね。だから、うまく叱れないのかも。でもって叱れずに怒る。感情がぶつかってしまい、嫌な空気になるってことも。苦手な人のための叱り方です。

叱るのが苦手な優しい人向けです。

質問して自分で答えさせる

これをされた人は結構いるのではないでしょうか。挨拶をしない人に「どうしてきちんと挨拶しないの?」「それでいいと思う?」といった、自分で良いか悪いかを答えさせる。「今後どうするべきだと思う?」というように今後どうすべきか自分で答えさせる。

こちらは質問(詰問に近いけど)するだけ。やられた経験がある人はこの苦痛がわかるはず(笑)。苦痛と言ったらいけないかもしれませんね(笑)。自分で口にした以上、守らないといけません。

「それでいいと思う?」
「今後どうするべきと思う?」
「このままだと、どうなると思う?」

優しい顔はしない

叱ることや怒ることが苦手な人は表情が優しい人が多いようです(独断)。普段から怒ったりきつく叱ることができる人は、逆に優しい顔をすると不気味でしょうが(笑)。苦手な人が叱るときに優しい顔で言っても、なめられるだけの場合もあります。目は笑わないように気をつけてください。

1分以内

時間が長ければ長いほど効果は薄まります。そんな経験ありませんか。「話長いなー」「早く終わらないかなー」と心の中でつぶやきます。簡潔に話すことに関連して»簡潔にできる上司への話し方もどうぞ。

スポンサーリンク

どう感じるのか

質問で叱るというのは詰問ギリギリです。小さい子供を教育する時は追い込む形になるのでやらないほうがいいかも。良識の範囲で!

考え方

上司ほどの権限はない、叱っていいのかどうかわからないと悩むときはの正解は「叱って良い」です。偉そうに先輩風を吹かすのが苦手なら質問して相手に答えさせましょう。ふざけた答えが返ってきたら「本当にそれでいいの?」と追求の手をゆるめません。刑事です。この時、あなたは刑事です。

効果の体験談

よく話しをする後輩がいました。一緒にランチをしたりもします。ある時、顧客と電話で話していると後輩がふざけて僕の体をさすってきました。若くて人懐っこい後輩は挨拶のつもりだったかもしれません。でも、いけないことです。

「顧客と話してるのわかってたよね。何で分別のないことをした?」

「すみません」(苦笑いしながら)

「笑いながら謝るってどう思う?」

「はい、すみません」

最後は真面目な顔で謝罪しました。僕はあまり怒ったりしないほうです。冷静に指導を意味した質問での叱り方を実践しています。

まとめ

怒ったり叱るのが苦手な人向けに、実体験をふまえて書きました。いろんなタイプの後輩がいるものです。上司と後輩にはさまれる気持ちはよくわかります (*´ω`*)。

スポンサーリンク

後輩生意気