桐島、部活やめるってよ 感想 / 誰もが経験した青春

桐島部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ。

どうも、ゆきお( @MirokuNet)です。

高校生の複雑な心理葛藤を作品にしたもの。恋愛、部活、表面上の交友関係…。
高校生の頃に経験したスクールカースト彷彿させるヒューマンドラマです。
傷つきながらも青春を走る抜ける若者を見ると、こんな時代あったなーと共感できる良作です。

評価3.5

あらすじ

とある田舎町の県立高校映画部に所属する前田涼也(神木隆之介)は、クラスの中では地味で目立たないものの、映画に対する情熱が人一倍強い人物だった。そんな彼の学校の生徒たちは、金曜日の放課後、いつもと変わらず部活に励み、一方暇を持て余す帰宅部がバスケに興じるなど、それぞれの日常を過ごしていた。ある日、学校で一番人気があるバレー部のキャプテン桐島が退部。それをきっかけに、各部やクラスの人間関係に動揺が広がり始めていく。
参照:シネマトゥデイ

スポンサーリンク