的外れ?売れない理由はターゲットの選定に問題あった!

売れない、なぜだ。商品よし、集客よし、価格よし。なにが問題なのかわからないという人は多いのではないでしょうか。

売れない理由がわかれば誰も苦労はしませんが、マーケティング(売れる仕組み)の見直しは必要です。なぜなら自社の商品に興味がある人、必要としている人以外にアプローチしているかもしれないからです。

せっかく集客していても、これでは暖簾に腕押しとなってしまいます。押しても手ごたえのない顧客に頑張って商品訴求しても空振りに終わる可能性が特大でしょう。ごくたまに、顧客の潜在ニーズを掘り起こすことができたとしてもそれがコンスタントに続くとは限りませんし、むしろ一発で終わってしまう可能性は特々大でしょう。

なんてこったい!これじゃ一体全体何を手直しすればいいんだい!

まずは、落ち着いて売れない理由はターゲットの選定にありそうだってことで掘り下げましょう。
流れとしては

  1. セグメンテーション
  2. ターゲティング
  3. ポジショニング

というステップを踏んでいきます。