なぜ売上が16倍になったのか!?反応が上がるキャッチコピー例。

お店やWeb広告・ホームページなど世の中には数多のキャッチコピー例が出回っています。

キャッチコピーがターゲットに届いているか。またターゲットとしている人が、自分に向けらたキャッチコピーだと自覚できているか、とても大事です。

せっかく目に入ったのに、これは自分には関係ないとスルーされると、広告を出した意味やキャッチコピーを作った意味がありません。

ターゲットに「自分にとって必要なことだ」・「自分に向けられていることだ」とわかってもらい、お店なら「立ち止まって商品を手に取ってもらう」、Web広告なら「クリックしてもらう」、ホームページなら「じっくり閲覧してもらう」。

ターゲットにとって自分に必要なことだと理解できるようなキャッチコピーの作り方をみてみましょう。

そんなこんなで「呼びかけ効果」という方法を紹介します。この「呼びかけ効果」のキャッチコピー例とはいったいどんなもでしょう。