「とりあえず3年」の3年が過ぎたら転職を考えるべき理由

3年

スポンサーリンク


とりあえず3年働け」と言われて3年過ぎたけど、その先に何があるんだろう?

ユキノブです。

日本人は「石の上にも三年」というように、どうやら3年が好きなようですね。

その先は?

つまり会社に残るか転職するかを「上司から言われるのではなく自分で決める」時期でしょう。

もう転職の時期に入ったといえるんです。

ではなぜそう言えるのか、ハッキリした理由をお話しますね。

転職をさせない「とりあえず3年」の意味とは

「とりあえず3年」の「とりあえず」って何なんでしょうか?

この言葉には、「何も言わずにやってみろ」という思考を停止させる意図があるんじゃないかなと

こんな感じ → とりあえずビール

いかがです? 言っとけ感w

でもまあ、確かに3年同じ会社で働けば戦力になるし業界のことも詳しくなりますけどね。

忍耐力もつくし経済的に安定しているかもしれない。

そういう意味では正しい。

けど、会社の本音はすぐ辞められたら困るわけだし、3年も続かない人は転職先も簡単に見つからないぞってプレッシャーをかけている意味があるんです。

そして、実際に3年働いてみて、今何が見えているでしょうか?

  • 「とりあえず3年」は思考が停止する
  • 3年働けば戦力になるし経済的にも安定かも
  • 3年働いてみて何が見えてる?
スポンサーリンク

将来に不安を抱いたなら転職時期がきている

3年の過ごし方はひとそれぞれで、目標をもった人もいれば家と会社の往復だけで変化がない人もいるかもしれません。

やりたい仕事があるから転職したいのは賛成ですし、先が見えないから転職したいのも賛成です。

怖いと思うのは何もやりたいことがなく、また3年、5年と時間が経過していくこと

10年後どうなっているんだろう? って夢が持てないことに大きな不安を感じます。

やっぱり情熱的に仕事をしている人はやりたいことがあって、先を見ながら働いているんですよね

だから、この先同じことの繰り返しでやりがいがないと思えば、転職の時期がきているといえるんです。

  • やりたい仕事がある、先が見えないから転職は賛成
  • 夢が持てないことが不安
  • やりがいがないと思えば転職の時期がきている

転職時期がきていると感じたら情報収集するために「第二新卒・既卒に絶対おすすめの転職サイト厳選3社」を一読することをおすすめします。

「とりあえず3年」の呪縛と別れる

これから先、どういう人生を歩んでいけるか。

3年過ぎて、今の会社でまだまだ働きたいって思えばがんばればいいでしょう。

何も変わらず、充実もしていない状態で「とりあえず”あと”3年」という風に残留して、気づいた頃には転職が難しい年代になっているいかもしれません。

そんなデメリットをこうむるよりも、3年過ぎたからキャリアアップを目指して早い段階で行動した方が後悔もせず、時間を効率的に使えます。

時間は戻らないもの。

自分がどんな未来をつかみたいのか、転職が有利な年齢の内に決断してみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー(月間20万PV達成)。
媚びない自由な生き方を模索してます。
仕事、生活などに役立つ情報と僕が思っていることを書き上げます。人生観なんかもちょっと語ったりしています。

▼詳しくはこちらをクリック&タップ

プロフィール詳細 / お問い合わせ