怒らせない上司への謝り方!かわいい奴と思わせる方法5つ

上司謝り方

上司への謝り方を失敗して怒らせてしまった。そんな経験ありませんか?

どうも、み ろく( @MirokuNet)です。

自分では謝っているつもりなのに、何で怒るんだろう??

相手も人間です。感情があります。気分を害するような誤り方をすれば当然怒ります。

僕も上司に謝る時、怒られたことがあるんです。当時、「えーっ何で--?」と意味がわかりませんでした。よくよく考えたら失礼な態度だったと思います。

今でも、上司に謝るし、部下後輩から謝られることも。なので、これからの社会人生活のために怒らせない誤り方をまとめます。
良好な人間関係のためにもご覧ください。

photo credit: butupa via photopin cc

スボンサーリンク

上司を怒らせない謝り方

上司
Designed by Freepik

上司って基本的に怖いもの笑。謝り方以外にも»上司が怖い人向けの対処法2つもぜひご覧ください。

悪かったと認める

素直な姿勢が大前提。自分に非があるのに開き直ると、火に油を注ぐだけですもんね。素直な姿勢こそが、早く謝罪タイムを終了させる一番バッターです。

何かしらミスをしたんだから、まずは認めるべき。それから経緯を説明すればいいんです。

もし悪くないなら「心配をかけたこと」「迷惑をかけたこと」に対してまずは謝りましょう。

「申し訳ございません」

「申し訳ございませんでした」と「申し訳ございません」は本質が違います。「過去」として終わらせた謝り方と「現在進行形」の謝り方です

「終わったことなので」と「今も反省しています」の時間軸の差があります。「申し訳ございません」のほうが良質な「反省中です」アピールができ、上司に受け止められやすいです。

話す順番

申し訳ない気持ちを上手に伝えられる人は、次の話し方で気持ちを伝えます。

「本当に申し訳ございません」

謝り方のポイントは、何に申し訳ないと思っているのかはっきりさせることです。ミスしたときであれば「遅れてしまって申し訳ありません」「忘れてしまいました。本当に申し訳ございません。」などと何に謝っているのか明確にします。

致し方ない理由がある場合は、少し付け足す感じで伝えるといいでしょう。「自転車がパンクしてしまって・・・」「日にちを間違えておりました」など短めに話します。
出典:ビジネス会話のきいろわビズ

何に謝っているのかを明確にすること!大事ですね。ズレたポイントで謝っても意味はないし、逆効果。
「とりあえず謝る」はすぐに見抜かれます。明確にして「謝り方うまいな」と思わせましょう。

今後の対策

今後同じ過ちを繰り返さないために、何を気をつけるのか、前向きな答えがあればなお好ましいです。

僕はミスをすると対策を箇条書きしておきます。保身のためもありますが笑。

対策を打ち出す姿は評価に値します。

お礼を言う

なかなか難しいかもしれません。謝った上に叱られたかもしれません。でも最後に「ご指摘ありがとうございました」で締めくくれば上司も悪い気はしません。

「素直でかわいいヤツ」キャラで離脱しましょう。

上司も人の子ですから。

しかも、お礼を言うのは話を終わらせるきっかけにもなる。長々と話していると集中力が途切れて惰性になるから、きっかけ作りにも有効です。

スボンサーリンク

上司を怒らせる謝り方

怒る上司
Designed by Freepik

言い訳する

「でも」「しかし」「指示通りにやっただけ」のような謝意の感じられない態度です。

言い訳はしないこと。

もちろん、理不尽な話になっていれば、それを正すことは必要。言い訳ではなく正当であると主張することですね。
そうでなければ「でも」「しかし」などは控えましょう。

他人を巻き込む

「他部署と引き継ぎがきちんとできてなくて」「〇〇さんもやったよね」。悪いのは自分だけじゃないと暗に主張しているパターンです。僕は昔この言い訳をしている人に巻き込まれたことがあります (ρ≧□≦)ノ

巻き込まれた側としては「いや、ちょ、やめて!」ですよ。みんなも悪いと言いたいんだろうけど「今はあなたが怒られている時間」ってことを自覚してないです。

また僕が禁止行為を注意したとき、後輩が「他の人もやっているから、問題ないと思っていた」と周りに視線を放ちながら言いました。みんながやっているといっても「やってはいけないことなのはわかっていたはず」です。

みんなには改めて注意するけど他人もその場に巻き込もうとすれば、話は長くなってしまいます。

はやく終わらせようとする

すぐに立ち去ろうと足先を逃げの方向に向ける。つま先が謝るべき相手の方を向いておらず、横を向いてるなど。早く立ち去りたい気まんまんで逆に上司の逆鱗に触れるパターンです。

言葉では気持ちを伝えても、体が逃げようとしていると説得力がありません。

また、相づちを「はいっ、はいっ」と速いテンポでうつ。これでは上司も謝る気がまったく無しと判断します。

怒らせる人には指導してあげたほうが本人のため。ちょっと参考までに»後輩への叱り方»部下の叱り方

番外編

『先手を打つ』が空回り
本人は反省の意を示しているつもりだけど上司からしたら「それで解決するの?」とむしろ呆れられてしまうパターンです。ある海外の時代劇ドラマで失敗をした家臣が王様に「王様、私を殺してください」と言ってました。怖っ!

そんなことされないってわかってますよね。

これに似たやり方をして本気で周囲から呆れられた人、います。僕の身近に。

不注意で業務を一時中断させてしまった人の一言。

「社長、私をクビにしてください。」

クビにならないとわかって言ってるのは、誰もがわかるのでマイナスでした。「はい、喜んで!」って言われたら引っ込みつかないでしょう。

謝り方は勉強した方がいい! 世渡りうまくなるしね。

まとめ

「本当に反省しているのか」上司であれ、どんな立場であれ謝るなら心から反省していなければ見抜かれます。自分に非があり本当に反省していれば言い訳はしないでしょう

素直な姿勢であれば、その時は気まずくても後で振り返ったとき悪化しなくて良かったと思えるような、怒られない謝り方を意識してはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー(月間20万PV達成)。 媚びない自由な生き方を模索してます。 仕事、生活などに役立つ情報と僕が思っていることを書き上げます。人生観なんかもちょっと語ったりしています。

▼詳しくはこちらをクリック&タップ
プロフィール詳細 / お問い合わせ