【朝礼ネタ】ためになる話-言葉のTPO

朝礼ネタ

「言葉使いは、TPO(時、場所、状況)によって使い分けなければなりません」って話です。

正しい尊敬語、謙譲語、丁寧語も大切ですが、その前に「使っていい言葉なのかどうか」の判断を誤るケースがあります。

そんな話を取り上げてみます。

この話のみそはその場に適した話し方-TPOです。

スポンサーリンク

【朝礼ネタ】ためになる話

ある高校教師の話を朝礼ネタに取り上げました。

教師のためになる指導話

福岡のある高校の話です。ゴルフ部での挨拶で、生徒が監督に「ありした」と言ったそうです。

よく聞きますね。簡略敬語。高校球児が代表例かもww
「あいがとうございました」 → 「したぁー!」
「おはようございます」 → 「はよざぁーず!」

などなど…etc.

ゴルフ部の監督は練習後、生徒が「ありした」と言ったところ、「そうじゃなくて、『ありがとうございました』でしょ」と指導したそうです。生徒としては「指導されることじゃない」と思うかもしれませんが、言葉使いが「そのゴルフ部では適さない」使い方だったわけです。

つまり、他では許されることでもこの場では許されない、TPOに適していないのです。

TPOに関連してこちらもどうぞ!
»朝礼ネタ質問
»朝礼ネタ説得力

朝礼ネタスピーチ

言葉のTPOをテーマにスピーチします。

あるゴルフ部で生徒が監督に「ありした」と言ったそうです。監督は「『ありがとうございました』でしょ」と指導したそうです。その場では「ありした」ふさわしくなかったんですね。高校球児がよく使いそうですが(笑)

仕事に置き換えるとこういった簡略敬語は、八百屋、魚屋など粋な商売であれば好まれるかもしれません。しかし、会社の挨拶、顧客との挨拶ではTPOに適わないものです。
慣れ親しんだ顧客でも、些細な言葉で好悪(こうお)の印象をもちます。

しかし、私たちの業務にふさわしい言葉のTPOを意識すれば信頼を積み重ねることができるでしょう。ちいさなことですが、コツコツを信頼を積み重ねる言葉のTPOはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ひと言

時事ネタがない時のどうぞ。

自分の「強み」を知ったら「転職に自信」がつきました!!!

あのリクルートグループが運営する転職サイトの超大手「リクナビNEXT」では

  • 気づかなかった「強み」
  • 気づかなかった「得意なこと」
  • 気づかなかった「やりたい仕事」

をすぐに教えてくれる診断テストが、なんと「無料」で受けられます!

さらに、今や2人に1人が利用する安心スカウトサービスも利用すれば、強みに合った非公開求人があなだだけに届くうれしい特典つき!

「強み」を診断して面接アピールに活用しましょう。

安心の無料サービスなのでこの機会にぜひどうぞ!