転職が決まらない方へ。ブランク半年でも採用されるコツ


転職ブランク

「ああ、転職決まらないままブランク半年に!」

転職活動がんばっていても、なかなか決まらないこともあります。

時間が経てば経つほど不安ですもんね。

面接のとき、「ブランク期間のことなんて説明すべきか」、悩みもあるでしょう。

今回は、その明快な答えについてお話します。

面接官を納得させられる3つの話し方とは?

スポンサーリンク

なぜ転職が決まらないままブランクが半年経ったか

そもそも、なぜ半年経ってしまったのか。

一度振り返りましょう。

理由がわかれば面接で的確な説明ができます。

面接官は必ず「何をやっていたの?」「何か理由があったの?」とツッコんできますから。

応募しまくったけど不採用だった、希望の会社がなかった、働く気力がなかったとか、まずは自分でブランクが長引いた理由をハッキリと理解すること

では、ちょっと考えてみてください。

思考中…

o( ̄ー ̄;)ゞううむ

(´-`) ンー

(゜∀゜)!!

はい、なぜブランク期間が長引いてしまったか整理してみましたか?

納得できる理由だったかな。

ひとまず理由をまとめてみてください。

自分を分析することで面接時に、「ブランク期間についてどんな説明ができるか」が決まってきますよ。

  • 面接官は必ずツッコんでくる
  • 自分で理由を理解すること
  • すると、ブランク期間について説明できるようになる
スポンサーリンク

転職が決まらないブランク理由を説明する3つの型

3つの型で話せば、ポジティブに説明できます。

後ろ向きじゃ印象悪いですからねw

先ほどの、ブランクが長引いた理由をつかんでいればうまく言えますよ。

① 何をしていたか?

何をしていたか…

正直、言いたくないですよね。

できれば避けたいなあw

けど、面接官は質問してくるからハッキリと伝えないといけません。

ココは正直に言うとこなので、ザ・定番の「バイトしてました」「資格勉強してました」「家族の介護してました」でも全然いいです。

ただ、ウソは見抜かれるから控えよう

ぼくが面接官をした経験から言うと、「あ、この人ウソだな~」ってわかっちゃうもの。

急に早口になったりや目が泳いでいたり「ウソをつく特徴」が無意識に出るんですよ

会社は誠実な人に来てほしいから、「ウソついてる」と感じた瞬間マイナス評価です。

「何をしていたか」は正直に話すべき!

② 何を得たか?

ブランク期間中に経験したことが、あなたにどんな価値を与えてくれたか

10人10通りあるでしょう。

バイト先で学生が先輩だったけど、後輩として頭を下げた経験とか。

謙虚な姿勢で仕事をすることを学んだってことでしょ。

転職が決まらず精神的に参ったけど、やめずに応募し続けたとか。

不安を解消するには行動するしかないと学んだってことでしょ。

漠然と時間を過ごしたんじゃなくて、必ず何か得たはずなんです。

思い返してください。

何を得たか言葉にできるよう準備することですね

③ どのように会社の役に立つ?

「何をしていたか」「何を得たか」を明白すると、ソレが会社の役に立つことをアピールしましょう。

「どうアピールするんだよ」って思います?

すっごく簡単な方法ですよ。

「経験・学んだこと」と「応募する仕事」の重なる部分を見つければいい

【実話】コンビニでバイト経験、コスト削減提案の営業職に応募
「1日に50人近く接客したことで、お客さんの思いを察することが得意になりました」
「この経験はお客様の悩みを扱う御社の営業でも役に立つと自負しています」

強気な発言ですねw

ぼくの体験なんですが、コレ、言いきりました。

裏付けのある理由で役に立つアピールすれば説得力がめっちゃあります

「経験・学んだこと」と「応募する仕事」の重なる部分を照らし合わせてください。

ソレが役に立つアピールポイントです。

仕事ブランクが長かった体験談

ぼくも仕事ブランクが長引いた経験があります。

最長で8か月!

受けても受けても不合格ばかりだったんですね。

で、その間はいろんなバイトをやりました。

コンビニや短期採用のコールセンターだったり。

もう転職先は決まらないわ生活のためにバイト漬けするわでクラクラでした。

転職期間は平均3か月といわれるなか、8か月だったから不安でいっぱい。

面接でツッコまれるだろうから、この期間のことを説明できるよう考えたわけ。

そんなさなか、面接にこぎつけて質問されたのが予想通り「今まで何をしていたの?」です。

だから言ってあげましたよ

  1. コンビニでバイト
  2. お客さんの気持ちを察することが得意に
  3. 御社でも役に立つ

ってね。

この点は納得してもらいました。

これまではツッコまれて、しどろもどろになっていたんですが、いい変化でしたね。

いろんな会社の面接でも堂々と説明できるようになりました。

転職決まらないままブランク半年でもうまく説明すれば突破できる

ブランクが空けば空くほど不安になる。

でも、ポジティブな思考と言い回しで転職活動に終止符を打ちたい。

うまく説明をすれば印象はガラリと変わりますから

  • 何をしていたか
  • 何を得たか?
  • どのように会社の役に立つか

順序立ててトークを作ってみてください。

人に聞いてもらうのも効果的です。

家族や友人、転職エージェントにアドバイスもらうのもいいですね。

よければ人気のエージェントも紹介している「第二新卒・既卒に絶対おすすめの転職サイト厳選3社」を参考にしてください。

また、ぼくが実際に利用したサイトをまとめた『今よりイイ条件で働きたい方へ! 登録してよかったオススメ転職サイト3社』では転職サイトの感想も掲載ししているのでよければお目通しを!

では、健闘を祈ります!

PR:あなたの市場価値を無料で知る方法(面接確約オファーつき)

人間関係、ブラック環境…転職できたらいいけど自分は価値があるだろうか?

不安を抱える人は多いのではないでしょうか。

そこで自分の市場価値を知るサイト『MIIDAS(ミイダス)』をご紹介します。

MIIDAS(ミイダス)

プロフィールを登録して簡単な質問にボタンを押して答えていくだけです。

ぼくは、わずか5分ほどですぐできました!

すると、自分の市場価値がパッとわかる!

ミイダス

7万人の転職実績データから自分と同じキャリアの人がどんな仕事でいくらの年収で転職しているかわかる。

そして市場価値がわかれば「自分は転職市場で必要とされるだろうか?」という不安を解消できます

つまり、意欲的に転職活動できるので、人間関係やブラック環境などわずわらしい問題から解放されイキイキ働けるのです。

だから、自分の市場価値に興味がある方はぜひミイダスに登録してみてくださいね!

公式サイトは下のボタンから!

MIIDAS(ミイダス)を使った感想。オファーはくるの?

自分の推定オファー年収を知ることができたのは転職活動のモチベーションUPにつながりました。

なぜなら、自分のことってなかなか客観視しづらいから

あと、純粋に楽しかったw

最も疑問視していた、「ホントに面接確約オファーくるの?」という課題ですが

マジでオファー来ていました(疑ってごめん…)
面接確約

ただ、オファー年収が360万~600万円とかなりの振り幅がw

他の企業も年収はそれぞれ違いました。待遇が違うから当たり前でしょうがね。

でも実際に使ってみて、「面接確約オファーは本当にくる」とわかったのでよかったです。

なので今すぐ転職しなくても、自分の市場価値は知っておいた方がゼッタイいいです。

なぜなら自信になるから!オファーもあるし!

それにいざ転職しようと思ったときは、すでにストレス・過労でなかなか動けません

しかし、MIIDAS(ミイダス)に登録しておけば、いざ転職活動するときの行動力につながりますオファーもくるんで心に余裕も生まれます

だからストレス・過労で困る前にミイダスで転職の準備をしておきませんか?

公式サイトは下のボタンから!


ABOUTこの記事をかいた人

雑記ブロガー。月間18万人に読まれる「働く君に花束を!」運営者。職場で無視されいじめにあったので『対会社、ハラスメント、仕事ネタ』について記事を書くようになりました。 内向型のポジティブヤロウです。

▼詳しくはこちらをクリック&タップ
プロフィール詳細 / お問い合わせ