朝礼ネタ アジェンダって何? 15のビジネス用語スピーチ

朝礼ネタビジネス用語です。
唐突ですが「アジェンダ」って意味わかります? わかった人すごい! だって、まったくわからなかったから笑。

最近はいろんなビジネス用語が台頭してきて頭がついていきません。ニュース番組を見ていても、司会、コメンテーターが頭良さげにビジネス用語を口にします。知識が同レベルじゃないんで、ちんぷんかんぷんですが。

しかし、ある程度は知っておかないと恥をかきそうなので、調査してスピーチがんばりましょう。…アジェンダって知ってる?

スポンサーリンク

朝礼ネタ ビジネス用語

アジェンダ

計画・予定表

ずいぶん引っ張ってすみません。。。
用途は、社内でアジェンダを共有なんていいます。事業計画を共有することで、いつまでに終わらせるなど明確なビジョンが見えますからね。何となく語感もいいし。振り回したいビジネス用語です。

タスク

課せられた仕事・職務

さりげなく「チームのタスクなんだからさ〜」なんて言ってみたら。まず、通じないでしょう。どちらかというと、文面でたまに見かけるぐらいと思います。ただ、ネット記事でおしゃれにタスクという文字を使いこなしているライターがいるので、知っておいて損はないです。

キャパシティ(キャパ)

収納能力・容量

よく聞く言葉ですね。日常会話でも「俺のキャパ超えたよ」と自虐的に使うシーンもあるでしょう。個人、チームのキャパについて自覚は必要です。明らかにキャパ超えすれば業務完遂できません。つまり、パンクです。計画的に担当の振り分けしましょ。

エビデンス

言った言わないの証拠・言質

ビジネスシーンにおいて、重要な詰めですよね。言った言わないのことで責任のなすり合いや業務完遂できないことは多々あります。重要なことは書類にするとか、証人を用意しておくとか、証拠準備した方がいいです。電話でのやり取りなら、スマホに通話録音アプリもあるので便利ですよ。

アサイン

割りた当てる・任命する

業務を円滑にするには、人材を適正なアサインしないといけません。あんまり使いそうにないけど、概念としては的を得ているので掲載しました。

ペンディング

保留

サラリーマンあるある「一旦、持ち帰ります」「宿題にします」と日常的に使っていませんか。また、最優先ではないため保留にするなど。ビジネスでペンディングは必ずといっていいほどの行為です。それぞれ表現のしかたに違いはあれど、概念は頭に入れておくと助かります。

タイト

スケジュール・予算が厳しいこと

かつかつですね。タイトと言わず、かつかつの方が一瞬でわかります。また、間違ってタイトなスケジュールと言う人がいたのですが、二重表現(例 頭痛が痛い)なので気をつけよう。

言葉遣いは気をつけたいところ。朝礼ネタ ビジネスクイズ8つ! ベテラン社会人も意外と知らない?をご覧ください。

デフォルト

基本的・標準的

本来は債務不履行の意味。しかし、基本的、標準的の意味で多用されています。ところが、英語にそのような用法はないんです。どちらかというと、債務不履行の方が浸透しているかもしれません。ギリシャ危機でのデフォルト(債務不履行)の方がクローズアップされましたもんね。

リスケジュール(リスケ)

債務返済を延ばすこと・スケジュールの変更・納期の変更

スケジュールに「リ」が付いたことでリスケジュール。(RE)です。これにより、もう予定通りできませんって開き直れます。友だち相手なら「借金返済、リスケでよろしく」と言ってキレられよう。取引先、怖い人には使わないように。。。

サマリー

要約

表作成する人は、なじみがあるのでは。大まかなまとめです。Web関連の人も多用するでしょうね。

コミット

約束・決意表明・委ねる

コミットは有名ですね。テレビCMで「結果にコミットする」とフレーズが印象的でした。はい、そこで気になるのが直訳。「結果に約束する」「結果に決意表明する」「結果に委ねる」。なんか、変。伝えたいことは「結果を出すことを約束します」的な感じかな。

アライアンス

提携先

普通に取引先でいいと思います。

エスカレーション

上位に報告

請負業だと委託先にエスカレーションを頻繁にするのではないでしょうか。職場内でも上司に報告は必須です。

カタカナビジネス用語をテーマにしているのですが一言。サラリーマンなら、ほう・れん・そう!

関連:朝礼ネタ 「ほうれんそう」ってやっぱ大事だね。基本を振り返ろう。

マネタイズ

無料のネットサービスから収益をあげる方法・収益化

広告バナーや最近では無料アプリのアイテム課金などがあります。使うのは職種が限られるかも。Webやアプリ関連はマネタイズ重要ですからね。マネタイズって語感がいいんで、機会があれば振り回したいビジネス用語です。

コアコンピタンス

競合を上まわる能力、競合が真似できない能力のこと

企業の命運を分けることです。やはり、コアコンピタンスは絶対に欲しいところです。もちろん、同僚ライバルとの競争にも。胸に刻みたい言葉です。

仕事に関する雑学も本記事と原理が共通すると思います。朝礼ネタ 10のビジネス雑学も参考にして下さい。

スポンサーリンク

ビジネス用語、朝礼ネタをスピーチします

普段使っていたり、ニュースでも聞いたビジネス用語を披露したら

やる気を引きだしましょう

うんちくだけじゃないよってとこも、しっかりアピールしようね。

朝礼スピーチ

ビジネス用語、意外と知らないことがありました。みなさんはいかがでしたか。

思ったのは、エスカレーション(上位報告)やコアコンピタンス(競合優位)は考え自体、昔からありましたよね。大事なことは今も昔も変わらないんです。それは不変であり、意識していればトラブルを防ぎ良い結果を生み出すと信じます。

大事なことはおろそかにしない。そして協力し合い、前進しましょう。

一言

欧米文化が入ったことやIT化によりおしゃれな言い回しが増えましたね。でも、根本的な考えは変わらないってことです。大事なことは変わらないんです。

自分の「強み」を知ったら「転職に自信」がつきました!!!

あのリクルートグループが運営する転職サイトの超大手「リクナビNEXT」では

  • 気づかなかった「強み」
  • 気づかなかった「得意なこと」
  • 気づかなかった「やりたい仕事」

をすぐに教えてくれる診断テストが、なんと「無料」で受けられます!

さらに、今や2人に1人が利用する安心スカウトサービスも利用すれば、強みに合った非公開求人があなだだけに届くうれしい特典つき!

「強み」を診断して面接アピールに活用しましょう。

安心の無料サービスなのでこの機会にぜひどうぞ!