派遣3か月目でコールセンター辛くて辞めたい → 即辞めないと心が病むよ


コールセンター

3か月間、派遣としてコールセンターで働いたけど辛い。

せっかく決まった仕事だからがんばってはみたものの、もう辞めたいと思う人は多いでしょう。

実際の話、コールセンターを辞めたがっている人は多いです

ぼく自身がコールセンターで働いた経験があるのでよく知っています。

SVから怒られてお客さんから怒られて精神が参ってくるんですよね。

なので、コールセンターの仕事というのはハッキリとした向き不向きがあります

向いてない人はいつまでたっても向いていません。

ということで、3か月目でコールセンターが辛くて辞めたいあなたへ。

今、抱えている問題を解決する方法をお話しますね。

スポンサーリンク

コールセンター辞めたいのは当然。3か月もあれば向き不向きがわかる

たかが3か月で仕事の向き不向きがわかるのかと言う意見もあるでしょう。

仕事にすぐ見切りをつけることを「逃げ」と言って責める人たちもいます。

つまり根性論を持ち出すのです。

しかし、働いている本人が一番、「向き不向き」を感じるし、やりがいが「あるのかないのか」わかるじゃないですか

とくにコールセンターは業務内容や受電、発信によって適正がハッキリわかります

たとえば、ぼくは金融系の受電は向いているけど、健康食品の受電や発信は向いていません。

販売する健康食品に興味がなく発信も面白くないと思っているからです。

結果、「向いてない、もう絶対ムリや!」と思って3か月でコールセンターを辞めたことがあります。

逆に金融系は「この仕事たのしい~」と思ってやっていましたね。2年くらい続きました。

本人が一番わかるものです。だから、やっている本人が辞めたいと思えばその直感は正しいんですよ。

無理にコールセンターで働き続けたら悲惨な結末を迎える

コールセンターの仕事は、始めからできる人とできない人がハッキリわかります。

これはもう、先天的なもの。未経験でも発信でほいほい獲得できる人もいますからね

受電の膨大な業務知識をサクサク記憶して案内できる人もいます

できない人は、やっぱりずっと苦戦しているのです。

よく求人誌に「未経験者が活躍中」「丁寧な研修があるので安心」とありますよね。

けれど事実は違います。

みんなが「未経験」から始めてるわけじゃないし、「研修があるので安心」といっても、ついていけなかったらSVは結構きつい態度をとってきます。

SVもいち派遣社員で、待遇に不満があるからイライラピリピリしているんですよ。

実はコールセンターってパワハラ結構あるんですよね。

それに輪をかけてお客さんからのクレームが心にグサッときて精神的な負担が大きいのです。

するとどうなるでしょうか?

もう限界まできてているのに無理に続けるとうつ病になる可能性だって十分ありますよ

うつ病になる原因の多くは職場の人間関係や仕事のストレスだから

そうなる前に決断をくださないといけません。

それはズバリ、向いてないと思ったら「見切りをつける」ことです

日本では仕事に見切りをつけて辞めることに「逃げ」とイメージを持ちがちですが、仕事を変えたら成功する事例はいくらでもありますよね

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんはお笑い芸人からミュージシャンに転身しています。いくらでも例はあります。

というわけで、コールセンターを辞める方法は2つあります。

  1. 契約期間が満了するまで待つこと
  2. 契約期間中に辞めること

それぞれ詳しく説明しますね。

スポンサーリンク

派遣コールセンターが辛くて辞めたい場合の場合にやるべきこと

契約期間満了まで待つ

大抵のコールセンターは3か月契約が多いです。

なので契約終了まであと1週間など残りわずかなら満了まで待つのもあり。

ただ、出勤すると気分が悪くなるなら欠勤してもいいですよ体調崩すより断然マシじゃないですか

体調を崩したら元も子もないですからね。

実際、コールセンターって欠勤する人多いと思いませんか?

ぼくが働いていたコールセンター(70人在籍)でも体調崩して休む人は日に2,3人はいました。

病欠している間に次の仕事を探していたのです。

これは契約の満期まで残りわずかなときの対処法です。

契約期間中に辞める

ご存知でしょうか?

雇用期間の定めがある場合、原則は途中解除はできないのです。

これって働く側にとっては不利な決まりです。辛くて辞めたいのに辞められない? とあきらめてしまいそうですよね。

いや、だからと言ってムリに続ける必要はないですよ。

まずは派遣元の相談しましょう。ぼくも契約期間中に「辞めたい」と伝えて許可されたことがあります。

実は派遣会社も人が辞めていくのに慣れているので、あっさり承諾してくれる場合もあるのです。

ただし

  • きちんと理由を伝える
  • 家庭の事情や学業優先など

もちろん、仕事をしていて体調が悪くなったも理由になります。ただ、その場合は仕事していると吐き気がするとか、仕事のことを考えると気分が悪くなりとか。

そういった理由で病院に通った事実があった方がいいです。派遣元も派遣先も仕事が理由で体調を崩したことを恐れるので

さらに医師の診断書ももらっておきましょう。具体的な症状じゃないと診断書はなかなかくれないので症状をまとめておくことをオススメします。

実際に、診断書を持参して派遣元に辞めると伝えた人がいましたからね。

スポンサーリンク

コールセンター辞めるなら転職エージェントに相談するべき

さて、ここまで辞める手順についてお話しましたが、「辞めたら収入なくなった」は絶対に後悔します

収入がなくなる恐怖とは

  • 家賃もスマホ代も払えない
  • 借金するか悩む

だから、辞めると決めたらすぐさま転職活動をしましょう。

コールセンターで辛い思いをしたから、次は自分に合った仕事をがんばりたいですよね。

ズバリ言いますが、仕事ミスマッチを防ぎたいなら、一人で転職活動するよりも転職エージェントを利用しないと活動の出だしに失敗します。

一人で就職難の時代を乗り越えるのは至難の技なので。だから転職エージェントは人気なのです。

▼エージェントの代表的なサポートは以下

  • 履歴書・職務経歴書・面接対策
  • あなたに適正な企業を紹介

しかし、在職中に仕事探しをするのは当然のことですが、意外と次の仕事を決めていない人は多いのではないでしょうか。

そこで、オススメの転職エージェントを紹介しますね。

オススメの転職エージェント

先程も言いましたが、仕事ミスマッチを防ぎたいなら転職エージェントを利用しないと失敗しますよ。

たとえば、学生の就活って就活セミナーや就活ゼミがあって指導を受けながら活動していますよね。

一人の力では限界があります。だから、二人三脚で活動することに成功の秘訣があるのです。

ということで、転職エージェントを紹介しますが成功のコツについて。
3社は登録することをオススメします。

メリットは

  • 複数を比較すれば適職が見つけやすい
  • 自分と相性のいいエージェントに出会える

エージェントは色々と比較しながら利用すれば1社にこだわる必要はありません。

そのためには、3社以上の複数利用が最短です実際、合う合わないはあるからモノは試しと腹をくくった方がいいですよ

転職したら合わない会社だったりブラック企業に入ってしまったなんて、もう絶望しかないので、面倒と思わずに全てに登録してみてくださいね。

【パソナキャリア】

親切丁寧で評価が高いのが全て無料のパソナキャリア夜間でも相談に乗ってくれるので在職中の方でも昼間は時間が取りづらい方も助かりますね

またあなたのキャリア・経験だけでなく求人企業の社風や相性まで考慮して紹介してくれます

とくにあなたとのコミュニケーションに力を入れており、寄り添った誠実な対応を大事にしています。

だから、アドバイザーってどんな人だろう? と不安がよぎるかもしれませんがパソナキャリアなら安心ですね

面談場所は東京(日本ビル)、大阪、名古屋、静岡、広島、福岡となりますが、来店できる人はせっかくのチャンスなので、登録したらすぐに面談してみてくださいね。

信頼できるアドバイザーにサポートしてもらえば、あなたのにぴったりな職場に出会える可能性はずっと高いでしょう。

この機会にぜひ利用してみましょう!

今すぐパソナキャリアに相談してみる

【テンプスタッフ】

まだ派遣として働きたい人へ。求人数がトップクラスのテンプスタッフは女性が働きやすい職場を追求しています

なので、あなたの希望する条件の仕事が見つかる可能性が非常に高いのです。

さらに一定期間派遣として働き、仕事内容や人間関係に納得した上で正社員と契約する「なっとく転職」がおすすめ

つまり仕事のミスマッチを防げます。もう仕事が辛いという悩みを繰り返さないためにはうれしいサービスですね。

ぜひテンプスタッフで自分に合った仕事を探しましょう!

働いてから決められる「なっとく転職」はテンプスタッフ

【リクルートエージェント】

もう王道中の王道です。転職をする人がまず利用するサービスですね

ただし、紹介は機械的な面がありとことん真摯に向き合うほどではありません。

その代わり全て無料だし、エージェントの能力は極めて高く求人量も豊富です。

リクルートエージェントに登録して納得のいく仕事を探しましょう!

【リクルートエージェント】

まとめ

コールセンターの仕事って精神的なダメージが大きくて辛いですよね。

ぼくも経験があるのでスゴくわかります。

でも、いま味わっていることは決して無駄な時間を過ごしているわけではありません。

これからの人生で人の苦しみを理解してあげれるし、仕事の経験値にもなります。

転職先でも役に立つはずですよ。

今、あなたが悩んでいることを転職先や人生の糧としてぜひ前に進んでみてください。


ABOUTこの記事をかいた人

雑記ブロガー。月間18万人に読まれる「働く君に花束を!」運営者。職場で無視されいじめにあったので『対会社、ハラスメント、仕事ネタ』について記事を書くようになりました。 内向型のポジティブヤロウです。

▼詳しくはこちらをクリック&タップ
プロフィール詳細 / お問い合わせ