【朝礼ネタ】営業にキャラ作りが必要な3つの理由をスピーチ

朝礼ネタ
スボンサーリンク

仕事中、キャラ作りは意識していますか。普段の自分とは少し違うキャラを演出することによって、仕事のスイッチをONにできます。また、普段言えないようなことを言える自分を発見したりもします。人を素直に褒めることができたり、綺麗事をにべもなく口にできたり(笑)。「うわー、プライベートでいったら恥ずかしー!」ということも熱く語れるかも(笑)。

今回の朝礼ネタはキャラ作り。時代はご当地キャラやゆるキャラなどが人気です。営業もお客様に気持ちよくお買い上げいただきたい。愛される「いいキャラ」を作ってスピーチしよう。

キャラ作りが必要な理由3つを朝礼ネタにしよう

わざわざキャラ作る必要ってあるの??? もちろん「自然体で何の問題もないよ」という人もいるでしょう。でも、接客にいき詰まっている人は色んなこと試してみるべきです。

キャラ作りが必要な理由とは

  • 違う自分を発見できる
  • 人間性の幅が広がる
  • セルフプロデュース

保険の営業で、「ちょっと世話焼きな姐さんキャラ」で数字を上げた人もいます。

水商売の女性で、社会的地位の高いお客に「叱りキャラ」でハートを掴んだ人もいます。

キャラ作りの経験談

自分がお客だとしたら、どんな人に担当してもらいたいですか。元気な人、笑顔の素敵な人、気配り上手。どれも人と接する仕事である以上必要なことでしょうね。

むかーし、若かりし頃、仕事がうまくいかず疲れていました。疲れを隠せず、訪問してくださったお客様を対応しました。後日、再度訪問してくださり、おっしゃいました。

「この間は元気なかったね…」

(しまったー…)

お客様は元気で笑顔な僕を望まれています。まあ、当たり前のことですけどね(汗)。こちらがどんな事情であれ、お客様には関係ないこと。仕事スイッチを切り替えられなかった、こちらの未熟さです。なので、元気で笑顔のキャラを意識すること。徐々に意識せずとも、自然と笑顔で元気なキャラになれます。

キャラを朝礼ネタにする

キャラ作りがなぜ必要か。結果として何を得られるのか。メリットを織り込んでスピーチします。

スピーチ例

キャラについてスピーチします。自分は人から見たら何キャラだと思いますか。天然キャラ、ツンデレキャラ、いじられキャラ。キャラというと、このようなものが思い浮かぶかもしれません。

しかし、仕事ではもっと大事な「愛されキャラ」があります。お客様に愛され信頼されなければいけません。

愛されキャラとはいっても、人それぞれ特徴が違うはずです。自分がどうやってお客様に愛され信頼をいただくか。創意工夫を重ねましょう。それが自然と数字につながるでしょう。

一言

アイドルのキャラ作りは目をみはるものがあります。売れるために一生懸命○○ドルという特徴をだそうとしますよね。ホラー好きなホラドルというのがテレビでやってました(笑)。

ゆるキャラもアイドルもキャラ設定に必死! サラリーマンもキャラ作り戦国時代(笑)。

朝礼ネタ