「給料が安いから転職したい」と考えるのが100%正しい理由

給料安い

給料安い」のは深刻な問題です。

ブロガーのユキノブ(@MirokuNet)です。

「あ~、もっとお金ほしい!!!」と思い、転職したいと考えるのは当然。

でも、「そんな理由で転職していいのかな?」と迷いがありませんか?

「退職理由を聞く面接官」の経験をもつぼくが、「給料が安い」を理由に転職することの正当性をお話します。

スポンサーリンク

給料が安いから転職したいと思うのは当然

当たり前の考えなんですよね。

仕事をする最大の目的は、「お金が必要」だからじゃないですか。

社会貢献度の高い仕事をするにしても、前提には給料が支払われて「問題なく生活ができること」が条件でしょ。

世の中の役に立つ仕事をしているから、お金なくっても平気! なんて人は普通いないはずです。

もし、いるとしたら稼がなくても生活ができるセレブでしょう。

そういう人は、「おほほほほっ」と高笑いしていてくださいなw

一般の人は、そうはいきません。

家賃払うのに必死だし、貯金もしないと不安になる。

給料が安いってことは、「深刻な悩み」だから転職したいと考えるのは間違っていませんよ。

スポンサーリンク

「給料が安い」は転職理由ランキングで安定の上位

リクナビNEXTが転職経験者100人に退職理由を調査したら、なんと「給料が低かった」が退職理由の第4位に上がりました。

転職と退職理由ランキング(外部サイト)

手取り18万円のうち、7万円が残業代だったとか。

つまり、基本給11万円だと生活できないから、すすんで残業のある現場に回してもらっていたらしい。

同じく、厚生労働省の実施した雇用動向調査結果で、転職者約6万人を対象に退職理由を調査

「給料等が少なかった」が男性で第4位、女性で第5位と上位にきています

雇用動向調査結果(外部サイト)

これだけデータとして検証されているんだから、みんな同じ思いなわけですよ。

「やってられなーい!」って気持ちが積もっていたでしょうね。

「ずっと同じお給金」と思えば、不安で行動するしかなかったわけです。

言いかえれば、現状を変えたいなら行動するしかないんですよね。

どんな理由で給料が安いと感じるのか

ここまでは具体的な根拠を挙げてきましたが、次は「なぜ安いと感じるのか」を考えてみますね。

2つのパターンに限られます。

① 生活できないほど給料が安い

手取り10万とかじゃ、ホントやっていけないです。

中には「いや、節約すれば大丈夫」というタフガイもいるようですが、普通に家賃、スマホ代やらでお金は泡と消えていくでしょ。

手取り15万円だって、生活費に使い、貯金をすれば泡のごとくパンッパンッとはじけて消えますよ。

生活できないほど給料が安いなら、十分な転職理由と考えてください

ぼくは、ほんっとうに貧乏を経験したから、そう言えるんです。

② 仕事内容に比べて給料が安すぎる

朝から晩まで働いても、スズメの涙ていどの給料じゃ転職を考えますわな。

たとえば、1日13時間労働もしているのに手取りが少ないと、仕事へのモチベーションだって上がりません。

一方、同じ仕事内容、同じ労働時間なのに、給料が今より高い会社があれば、「うわ、こんな会社あったのかー」ってテンション上がりますよね。

で、断然転職したいでしょ?

その考えにひとかけらの間違いもありませんよ。

誰だって、「今よりいい会社」で働きたいんです

そんな時には、『転今よりイイ条件で働きたい方へ! 登録してよかったオススメ転職サイト3社』でじっくり転職先を探してください!

面接官の立場で言うよ。転職理由は言い回し次第!

閑話休題。

ちょっと、面接対策のお話をします。

ぼくが面接官をしていた頃、やっぱり「前職の給料が足りなかった」という人はたくさんいました。

で、そのことは

言ってもまったく問題ありません

転職者というのは「給料問題」を抱えている場合がとても多いから。

もっと大事なのは、「なぜウチの会社を選んだのか」「どんな活躍のビジョンを描いているのか」を具体的に説明できるかどうか。

退職理由で「前職の給料が足りなかった」とだけしか説明しない人より、「給料足りなかった」+「選んだ理由」+「活躍のビジョン」もあわせて説明してくれる人の方が通過率は高かったです。

そこまで説明する人を見たとき、「な、なんて素晴らしい人だ」と感動しましたね。

ポジティブな言い回しに変換すれば、印象はグッとよくなるからオススメですよ。

「給料が安いから転職したい」はワガママじゃない。自分のためです。

たとえ贅沢しなくても、生活に困らないぐらいのお金は必要。

もし、それが満たされていないなら転職するのは当たり前の結果です。

転職・退職理由でも「給料が安い」って理由は安定の上位ですからね。

生活できないほど低かったり、仕事量に見合っていないなら、行動するしかありません。

現状をどう変えたいか、しっかりと考えてみてください。

では、このへんで!

あなたの転職年収がわかる方法

自分の市場価値に興味はありませんか?

つまり、転職する場合の想定オファー年収がいくらなのか

自分がどれくらの価値になるのか知るサイトがあります。

それが、「MIIDAS(ミーダス)」です。

まだ転職しなくても、想定オファー年収は知っておいた方がゼッタイいいです

なぜなら、自分の価値を知ることは転職意欲を高めるから!

疲れ果てた状態で転職活動しようとしても、モチベーションが上がりません。

というか、動けないんですよね。

しかし、MIIDAS(ミーダス)に登録しておけば、いざ転職活動するときにかなりモチベーションにつながります。

ミイダス

プロフィールを登録して簡単な質問に答えていくのです。

スマホならボタンを押すだけ、PCならクリックするだけ。

ぼくは、わずか5分ほどですぐできました!

すると、自分の市場価値がパッとわかる!

ミイダス

「わあ、すごいなあ」

と感心しちゃいました。しかも、オファー付き!

さすが、転職サイトDODA(デューダ)を運営するパーソルキャリア株式会社が提供するサービスですね。

MIIDAS(ミーダス)を使った感想

やはり、自分の推定オファー年収を知ることができたのは転職活動のモチベーションUPにつながりました。

なぜなら、自分のことってなかなか客観視しづらいから

いい刺激になってよかったです。

あと、純粋に楽しかったw

そして、最も疑問視していた、「ホントにオファーくるの?」という課題ですが

マジでオファー来ていました(疑ってごめん…)

ただ、オファー年収が200万~800万円とかなりの振り幅がw

まあ企業によって待遇が違うから当たり前でしょうがね。

実際に使ってみて、「オファーは本当にくる」とわかったのでよかったです。

いいサービスですね。

あなたの想定オファー年収がわかる>>>MIIDAS(ミーダス)

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー(月間13万人が読むユキノブログ運営者)。 ブラック企業で壮絶なパワハラを受け社畜の経験をしたことから、『会社の見方、ハラスメント、仕事ネタ』について記事を書く人になりました。 地味に雑学が好きw 内向型で根暗なポジティブヤロウです。

▼詳しくはこちらをクリック&タップ
プロフィール詳細 / お問い合わせ