バーモントカレーに牛乳入れたら劇的においしかったんでレシピ記事公開する

バーモントカレーが好きすぎる! 情熱的に…愛している。なぜなら、牛乳入れたら劇的においしい。カレーに隠し味はよくある話だが、バーモントカレーと牛乳は想像以上に蜜月の関係だった。一度食べたら他のカレーは物足りなくなるほどである。マジで食事が楽しい。

なのでバーモントカレー愛をつらつらと述べたい。もち、おいしすぎるので作りすぎてやばい。ご飯を二合軽く食べてしまう。でも当分やめない。それくらいおいしいのである。だから忘備録も含め感動のてレシピを残したい。もちろん、このおいしさも伝えたい。

スポンサーリンク

バーモントカレーに牛乳入れたらおいしかったから─レシピ

用意するもの3~4人前

玉ねぎ 2個
バーモントカレー中辛
牛乳

だけ。意外かもしれないが、じゃがいもは入れないのだ。なんか味が変わる感じがするから。
個人的に、いも的なまろやかさは求めない派なだけだ。つまりシンプル・イズ・ベスト! だけどロースカツなどの後乗せするはオッケー。カレーの味付けに影響しないものがおすすめ。

玉ねぎを炒める

玉ねぎを2個、さくさくとみじん切りする。
スライスよりみじん切りの方が甘みが際立つ
切るとき、涙がでるなら目にサランラップを巻くといい。視界は悪くなるが、涙は無駄使いしないほうがきっといい。大事な時のためにとっておくべきだ。

玉ねぎを炒める。あめ色になるまでじっくり炒める。この作業がみそだ。焦げないように気をつけてほしい。

あめ色になったら水を入れる。分量は好みだが、ちょっと少なめでもいい

バーモントカレーのルウを入れる

カレーを作るとビシャビシャになる人がいるけど、水が多いとそうなる。たとえメーカーが指定する水分量を入れてもビシャビシャになるなら、少なめでも構わない。

アクを取りながら、沸騰したら火を止めてルウをいれる。ぐるぐるかき混ぜて、自分好みのトロトロ感を探す。水少なめでちょっと硬いなと思ったら、お湯を足せばいいのだ。ビシャビシャカレーにならないように細心の注意を払う。 この作業は楽しいから、はな歌でも歌いながらやってほしい。

牛乳を足す

カップ2分の1の牛乳を混ぜながら足す。多いか少ないかは少しずつ足して味見すればいい。

牛乳がまろやかさを出すのだ。このまろやかさがハンパない。弱火~中火で10分くらいかき混よう。ぐるぐるぐるぐるがんばろう。

冷ます

10分くらいかき混ぜたら、後は冷ますだけ。一晩置かなくても、一度冷めれば旨味が増す。とにかく、一度冷ますことが大事だ。待ってる間は楽しみにしながら、カレーから離れよう。

スポンサーリンク

バーモントカレーは最高峰のカレー

以上で出来上がり。ちなみに、今回紹介したレシピを他の市販ルウでやったけど、やっぱバーモントカレーがすげぇおいしいよ。声を大にして言いたい。

うめえええええ!!!

大人も子供もハマると思う。食欲ないときもガツガツ食べられるかもしれない! おいしいカレーは幸せである!

最後に

バーモントカレーさん、サンクス!!!

自分の「強み」を知ったら「転職に自信」がつきました!!!

あのリクルートグループが運営する転職サイトの超大手「リクナビNEXT」では

  • 気づかなかった「強み」
  • 気づかなかった「得意なこと」
  • 気づかなかった「やりたい仕事」

をすぐに教えてくれる診断テストが、なんと「無料」で受けられます!

さらに、今や2人に1人が利用する安心スカウトサービスも利用すれば、強みに合った非公開求人があなだだけに届くうれしい特典つき!

「強み」を診断して面接アピールに活用しましょう。

安心の無料サービスなのでこの機会にぜひどうぞ!