誰からも好かれる人は人間味がない。僕が嫌われても生きていける理由

男の子

突然ですが

嫌われても生きていけますか?

どうも、み↗ろく( @MirokuNet)です。

誰からも好かれて生きるのと、嫌われてもいいから自分らしく生きるのと、天秤にかけます。

リアル世界で嫌われる僕が、比較しながらつらつら語ります。語って語って、無理をしない生き方を求めます。

誰からも好かれる人

会社や学校に一人ぐらいはいる「誰からも好かれる人」。

悪く言う人なんていない、現代の聖人とでもいいましょうか。「いや、絶対に裏の顔あるでしょ」と探りたくなります笑。

人格が立派な人、容姿端麗な人、特徴はいろいろ。でーもー、誰からも好かれる人は本当に幸せなのでしょうか。いい人でいなければならない「責務」を背負ってしまいませんか。

それはつまらない人生だ

誰からも好かれる人は「そう振る舞っている」ようにしか見えません。ようは、演出の一貫です。

好かれるように振る舞っているのは「裏」があるから。客商売なら、すべてのお客さんに好かれるように振る舞わないといけない。好きな異性によく思われたいから「誰に対しても優しい人」を演じる。

そうやって「振る舞う」ことで誰からも好かれる人物像ができ上がっていく。しかし、演じ続けないといけなくなるのは苦痛でしかありません。

そんな生き方はつまらないです。

僕が嫌われても生きていける理由

僕はそんな人と真逆です。リアル世界で身近に僕のアンチがいます。好悪の返報性で「地を這いずる虫など気にもかけん」という意識高すぎる系の思いをもっています。

そして、収入でいうと、その人たちより稼いでいます。

だから、嫌われようが余裕を待っています。

ちなみに、嫌われる要因は「僕自身」にもあり、接しにくいタイプだとわかっています。

嫌われようが、その人たちと比べて、たったひとつの強みが「たくましさ」を育ててくれる。そして「もっと稼いで差をつけてやる」と克己してくれます。僕は本職以外にブログ収入もあるので、その点精神的余裕があります。

ほんと、いいね、ブログって。

好かれようと思っていない

そもそも好かれようと思っていません。好かれようとするから疲れるんです。仕事上、どうしても付き合いを持たないといけない人はいます。

でも、好かれる必要はなく「信頼されればいい」と知っています。信頼は仕事へつながります。信頼は有益な人を紹介してくれます。

ただ時々、「この人と仲良くなりたいな」と直感することがあります。好かれる努力するんじゃなくて、仲良くなる努力はします。

仲良くなるのは「ご縁」があれば必ずなれます。

自分が好きだと言えるか…

人から何と言われようが、結局のところ、「自分が好き」と言えるかどうかが生き方の鍵です。

「これが自分だ」と自信を持って主張して、「そうあるべき自分を好きだ」と言えるでしょうか。

僕は言えます。

何と言われようが、自分が賭けている仕事を優先します。やるんだという信念をもっています。

そうして、ブレない自分を貫くのは究極の嘘のない生き方です。

おしまい

男の子