沢尻エリカ ドラマに出るけど落ちぶれ女王になったわけ

沢尻エリカ

最近、めっぽう好感度女優の印象が強い沢尻エリカ

お酒のCMやドラマ出演が増えて見ない日はないほど。すごいなー。1リットルの涙以来じゃないでしょうか、この「女優として」の期待度の高まりようは。

2014年 主演「ファーストクラス」で意地の悪い女性同僚たちと奮闘しながらもキャリアを積んでいく役を演じ、2015年 ヒロイン出演「ようこそわが家へ」では独特のキャラを演じ、2016年とうとう「大奥」で奥女中を仕切りきった、もちろん主演で。

2017年は主演「母になる」というワンクール連ドラを乗り切りました。

そしてもちろん全部観たけど、感想はさて置きます。ハマらなかったから。

テレビでの活躍がめざましいということは、バッチリ好感度を掴んだ証拠。でも思ったんですよね。

ん? 沢尻エリカ、こんな好感度女優だったっけ?

そんなわけない。彼女といえば2007年クローズド・ノートの記者会見で「別に」発言して一瞬で日本国民を敵に回した根っからのヒールじゃなかったですか?

である、それがめっぽう好感度女優に「成り下がった」としか思えない。

つまり何が言いたいかというと……最近、沢尻エリカがめっぽう退屈だ。ってこと。

スポンサーリンク

どうした? 沢尻エリカ

そう、昔は女王様として君臨していたんですけどね。ワイドショーを賑やかせるにしても。

バッシングのさなかハイパーなんちゃらとかいうオッサンと結婚してあっさりと離婚。揉めに揉めてハイパーオッサンを泣かせる所業は面白かったし……純粋に。

TBCエステでサイボーグボディみたいなセミヌードを披露したかと思えば、あっさりとリバウンドしてセルライト食込み半ケツを披露。

もうイキきった感がたまらない。腹を抱えて笑ったものですが。

これほど生き様がエンターテイメントな人はそういないでしょ。ある種、マドンナ的な注目株で何をやってもエリカ様であり女王の玉座を動かなかったです。

何かやらかす才能と強く生きている感を併せ持って、得体の知れない大器……と目が離せないくらい好きなんだけど。

どうした? 沢尻エリカ。

スポンサーリンク

いい人になったのか、演じているのか

それというのも、2013年にTBS「ぴったんこカンカン」にてバラエティ番組に出演時のこと。ロケだったが、超いい人っぽくなっていたわけ。

ぼくはリアルタイムで放送を観ていたんだけど、司会の安住紳一郎とわきあいあい。ロケ進行中は無邪気に笑って妙に笑顔がかわいかったなー。まあ、顔は好きだから。

で、彼女がゆるい感じになっていたら安住アナが女王エリカ様キャラじゃないってツッコんだんです。いや、いいじゃん安住って思ったけど次の瞬間彼女は「ハッ」として表情を引き締めたわけ。

「あー、キャラ作ってたのかな」

なんて、ムリに強がってた子どもを哀れむ心境になっちゃっいました。本性はいい人が生意気キャラぶってしまったのか。

もし、生意気キャラがいい人ぶってロケ番組に参加していたら恐ろしいんだけどな。てか、そうであってほしいものです。

彼女の本性はあえて封印して、女優としての好感度を高めるために生意気キャラがいい人ぶっているのなら手の平で転がされているわけです。それなら面白い。

そして10年後くらいに「あの時は女優の仕事を増やすためにあえて好感度の上がるキャラを演じた」なんて言われれば全国のM男はなぶられて嬉しくないはずがないでしょう。

やはり沢尻戦略であろうか

事務所も彼女も女優としての再スタートを切りたかったんでしょうね。ヘルター・スケルターでヌードばかりが話題になったもんだから。まあぼくは何となく見る気にならなかったんだけど笑。

だから作品の批評はさて置き、芸能界は人気商売。アンチがいるのは当たり前だけど嫌われすぎたら役が回ってこないだろうし、ちょっといい顔しておかないといけないのかも。

さてこそ、結果は沢尻エリカのCMもドラマ起用も増えたましたね。結果オーライだったか。しかし売れっ子女優となり好感度も上がったからこそ、かつての尖った女王様としての威厳がない。

どうした? 沢尻エリカ。

もうひと暴れしてくれたら国民は再び「エリカ様」って呼ぶだろうよ。いっそのこと叶姉妹あたりとブチ切れバトルしてくれませんかね。とくに恭子さんと。

サイボーグオカマ顔(恭子) VS 半ケツセルライト(エリカ)

みたいな。

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー(月間20万PV達成)。 媚びない自由な生き方を模索してます。 仕事、生活などに役立つ情報と僕が思っていることを書き上げます。人生観なんかもちょっと語ったりしています。

▼詳しくはこちらをクリック&タップ
プロフィール詳細 / お問い合わせ