朝礼ネタ 日本語みたいな外国語が面白い笑! 言葉雑学をスピーチ

面白い雑学

朝礼ネタ日本語みたいな外国語雑学です。

ありますよね、「あれ、この言葉って日本語じゃない?」と思いきや別の意味の外国語だった!

発音も意味も同じだったり発音だけ同じだったり。でも、共通するのは「面白い」んですよね。

こういうのって万人ウケするから朝礼でも雑談にも使える。みんなが楽しくなるおすすめネタです。

スポンサーリンク

朝礼ネタ 日本語みたいな面白い外国語雑学

お風呂のことをフランス語で「バン」

バンのどこが面白い…と思うだろうか?

ところが、ドリフの歌に当てはめると

ババンバ バンバンバン♫ いい湯だな~ アハハン~♫

て具合で直訳すると

風呂風呂風呂風呂風呂風呂♫ いい湯だな~ アハハン~♫

になる。いい感じでハマるものだ。

リア充爆発しろはフランス語で「リアジュボーン」

ボーンは爆発を意味する。リア充はそのままにするのが、言葉遊びの面白い所と認識いただきたい。

リア充ボーン → リアジュボーン

フランス語風に表現したもの。面白さを追求してのリアジュボーンだ。語感がスゴクいいのでウケる。

元々はネットで普及した言葉。語源に関連した「朝礼ネタ雑学 突き詰めると面白い語源9つをスピーチ」も言葉の深さがわかるのでオススメです。

食堂のことをイタリア語で「タベルナ」

タベルナを日本語でそのまま表現すれば「食べるな」になってしまう。

食堂なのに食べるなと禁止される表現がジワっとくる。タベルナに食べに行くわけだ。

タベルナに食べに行くけど食べるなというわけで頭がバンしそう。

塩が足りないことをハンガリー語で「シオタラン」

塩足らん → シオタラン

同じ意味なのだ。また「おい」はハンガリー語で「HEY(ヘイ)」。

ヘイ! シオタラン!(おい、塩が足りないぞ!)

といえば通じる。

似たような記事で「朝礼ネタためになる雑学!それ和製英語かもスピーチ」があります。こちらは英語と思いきや実は日本で作られた言葉だった! という内容。意外な知識が増えるチャンスですよ。

あなたはアラビア語で「アンタ」、兄弟は「アホヤ」

男性に対してのあなたが「アンタ」。
※女性はアンティという

兄弟は「アホヤ」。

信頼の意を込めて「あなたは兄弟です」ならば

アンタ、アホヤ! アンタ、アホヤ!

と、アラビア語がわからない人からすれば何やねんってなる。いやむしろカチーンだろう笑。

こればかりだはバスク語で「コレバカリダ」

バスクとはスペインとフランスの間にあるピレネー山脈バスク地方のこと。

そこでは、日本語の「こればかりだ」とまったく同じ意味発音で「コレバカリダ」がある。

収穫はコレバカリダ!
おかずはコレバカリダ!
人生コレバカリダ!

ここまで同じ発音と意味とは本当に珍しい。

スイカのことをペルシャ語で「ヘンダワネ」

イランの言葉ペルシャ語ではスイカを「ヘンダワネ」という。

丸くてキレイなスイカを見たら「ヘンダワネ!」と喜ぶわけだ。

決して変なわけじゃないんだけどな。

おいしそうなヘンダワネ!
やっぱ変か!

美しいは韓国語で「アルンダワヨ」

韓流ドラマ、K-POPで日本に浸透しつつある韓国語。

美しい表現を「アルンダワヨ」という。

女性をほめるのに照れがあるなら、「あなたアルンダワヨ!」ならきっと言いやすいだろう。

ブスはタイ語で「キレー」

日本語とはまったく逆の意味なのだ。

もし、日本語で現地の人に話しかけて「おキレイですね」と言ったら危険。

真逆の意味とは恐ろしい。悪意なくてもけなしたことになるのだ。

ほめたつもりでも現地ではブス扱いされたとに。タイ語の美人はスアイなので気をつけよう。

とにかくスアイだ!

酔っぱらいはフィンランド語で「ヨッパラリ」

「ヨッパラリ」はなんとなくパリピ感を漂わせる。

パーリラ♪ パリラ♪ パーリラ♪
ヨッパラリ♬

最高の飲み会になりそう。

ブタはフィンランド語で「シカ」

もう違う動物である。

ブタがシカてっ!

ちょうだいはスペイン語で「ダメ!」

これまた真逆である。

他の単語と組み合わせると

ダメ!ダメ! → ちょうだい、ちょうだい!
ヤ・メテ! → もう、入れて!

これ下ネタになるから仲のいい友だち同士でしか使えなさそう。時、人、場所を選んで使わないとダメ!

ありがとうはポーランド語で「19円」

え、お金?

と思うかもしれないが、ありがとうの発音が「ジェンクイエン」なのだ。

ほぼ「19円」としか聞こえない。なので発音してみてほしい。

ジェンクイエン、19円、ジェンクイエン、19円、ジェンクイエン、19円

ほら、ありがとうは19円でいい。

宝石はビルマ語で「ヤッタナー」

豪華さ、喜びを表すとすれば宝石とヤッタナーは関連している。

宝石もらってヤッタナー!

感情表現が一連するのはなるほど面白い。

宝石もらった! ヤッタナーやったな!ヤッタナーやったな!

ウケるかウケないかはテンション次第だ!

誰もいないはポルトガル語で「ニンゲン」

誰もいないとニンゲンも言葉がつながる。

ニンゲン、友だち…。

地球人はニンゲン。

さっぶっ!

スポンサーリンク

朝礼ネタ 外国語いじりのコツ

発音は全く同じでも意味は違う
発音も意味も同じ

言葉って面白い。そして一歩間違えると危険!

タイのキレー(ブスの意味)みたいに、日本語のきれいと反対ってこともある。

つまり、安易に言葉にせず

「言葉は選ぶ」

ことがマナーですな。ふむふむ (`・ω・´)ゞ

社会人なら言葉を選んでコミュニケーションとろう。

この記事を読んだ人はコチラも読んでます

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー(月間20万PV達成)。
媚びない自由な生き方を模索してます。
仕事、生活などに役立つ情報と僕が思っていることを書き上げます。人生観なんかもちょっと語ったりしています。

▼詳しくはこちらをクリック&タップ

プロフィール詳細 / お問い合わせ