何これ使える! 朝礼ネタ雑学スピーチ②をオススメするよ

朝礼ネタ雑学

朝礼ネタ雑学です。職場でもお酒の席でも自慢できる雑学をお届けします。「へえー」の一言をもらいましょう。スピーチ例つき。

スポンサーリンク

朝礼ネタ雑学のあれこれスピーチ

朝礼雑学1 : 「海千山千」は嫌味だった!

海千山千
交渉上手に対し「すごい! 海千山千ですね」とほめたつもりが、逆に「失礼だな」と言われたことはありませんか。え、ない? 失礼笑。ちなみに僕はあります。なぜなら、海千山千とは海に千年、山に千年住んだヘビは竜になるといわれ、世の中を知り悪事にも手を染めているという意味があります

海千山千には経験豊富というだけではなく、したたか、ずる賢いともいえるのです。つまり、知っている人からしたら「嫌味」を言われたと感じるでしょう。知らない人に嫌味として言うパターンもありかな(笑)。

【スピーチ例】
雑学説明後〜意味を理解ぜすの言い間違いはよくあります。逆に言うと、正しい日本語を使えれば信頼を得ます。海千山千を例に挙げましたが、ほめ言葉は適切に使うべきですね。結果として、ほめ上手の職場となり活気が出ることでしょう。

ほめ言葉の記事»朝礼ネタほめ言葉が使える!もご覧ください。

朝礼雑学2 : 女性の高い声を「黄色い声」という理由

黄色い声
黄色い声は仏教が由来です。飛鳥時代のお経は、現代より音楽寄りで高低強弱がありました。どこで声を高くし、低くするかを、お経の文字の横に「色」で印をつけていました。一番高い音に黄色い印をつけていたのです。そこから、「黄色い声」といわれました。女性の声は高いため、今では「女性の黄色い声を集める」などともいわれるのです。

【スピーチ例】
雑学説明後〜話のテンポって大事ですね。高低強弱をつけ、聞き手をあきさせない努力も必要です。聞き入ってしまうような話って何でしょう。テンポ、高低強弱も大事ですが、根本には相手にメリットを感じさせることです。説得力のある訴求をしよう。

朝礼雑学3 : 朝食を食べないと疲労症候群になるわけ

朝食
覚醒のリズムは脳から、昼はセロトニン、夜はメラトニンいう物質で保たれています。朝食を食べると脳の温度、体温も上がるため夜のメラトニンが抑えられ、昼のセロトニンが増えます。朝食を食べないと夜のメラトニンが多いので、眠気がし「ぼ〜」とした状態ですぐに疲れます。いつも朝食を食べないと慢性的な疲労症候群となるのです。

【スピーチ例】
雑学説明後〜頭はスッキリした状態で仕事に臨みたいですね。忙しくても体調管理はしっかりと行い、効率的に取り組みましょう。

一言

黄色い声が欲しいです。おっさんの罵声しか聞こえません Σ(*´Д`)
まだまだネタ探しの方は»朝礼ネタ・スピーチネタをご覧ください。

朝礼ネタ雑学