何これ使える! 朝礼ネタ雑学③をオススメするよ

朝礼ネタ雑学です。知っていて損はないネタ、ちょとだけドヤ顔できるネタをスピーチしよう。

スポンサーリンク

朝礼ネタ雑学のあれこれスピーチ

3つの朝礼ネタ雑学をご紹介。

朝礼雑学1 : 子供が甘いものを好きな理由

子供
子供の頃は「大人の味」が苦手だった記憶はありませんか。ブラックコーヒー、ビールなど。実は、子供にわからない「大人の味」ではないのです。大人は味覚神経が舌に集中しているが、子供は舌、のど、上あご、頬の内側と口内全体に味覚神経が張り巡らされています。大人には、ほどよい苦味でも子供にとってはとても苦いのです。なので、子供はチョコやケーキなど口当たりの良い甘いものが好きなのです。

【スピーチ例】
雑学後〜 それぞれに合った提案が必要といえます。チョコでも大人向け子供向けなど。顧客が何を求めているのか、何を提供できるか。適切にマッチさせて訴求しよう。

朝礼雑学2 : 子供の目が澄んでキレイなわけ

目
子供の目が澄んでいるというより、大人の目が濁っているという方がわかりやすいでしょう。大人の目は毎日、長時間酷使されています。パソコン、紫外線、大気など。色素が沈着したり、血管が侵入したりもします。黒目と白目の境界がはっきりしなくなり、目が濁って見えます。

【スピーチ例】
雑学後〜 「目は心の鏡」といいます。濁っていると、無条件で悪人と決めつけられることも(笑)。適度に休めることも大事でしょう。第一印象で好印象を得られるようにケアしましょう。

朝礼雑学3 : ワイングラスが脚長チューリップ形なわけ

ワイングラス
ワインの飲み方は「香りを楽しみながら」が基本です。グラスは香りが中にたまるようにチューリップ形。手の温度で温まると香りが逃げるので、脚を長くして温度が伝わらないようにしています。

【スピーチ例】
雑学後〜 形には役割があります。目的を最大限に達成するためのものです。営業トークや作業でも目的を達成するため、基本となる形があるのではないでしょうか。最適な形を効率よく適用し、結果のある日としましょう。

一言

子供ネタを2つもってきました。薄汚れた大人社会に、純真無垢な子供を引き出すのが大人。いや、だめだろ(笑)。