どうしよう…「上司を好き」になった。

上司好き

しまった、上司のことが好きになってしまった!!! だって、仕事ができるし頼りがいもあるし。そりゃあ、好きになるでしょ。年齢、ルックスも許容範囲であれば恋愛対象になるでしょう。

普段、このブログに恋愛コンテンツは掲載していないのですが、僕の貴重な体験談を赤裸々に明かします。上司という立場で、奇跡的に惚れられたものです(笑)。

なので、この記事をご覧になっている方は女性かな? 検索でヒットして訪問しているのだと思います。

男性の上司と部下の女性という立場で執筆します。どうすれば上司が気を持つのか。やってはいけないこと…などなど。参考にしてください。

スボンサーリンク

上司を好きになった部下に落とされました

部下と2人で担当する業務がありました。取りかかっている時は、常に2人一緒です。おそらく、この期間で気をもってくれたのでしょう。

年は5つ違います。僕が年上です。仕事のスタンスは「色々と経験させて、何かあったらオレが責任をとる」と気取ったものでした。器が大きいタイプではありません。問題が発生したら対処できるような人脈を用意していただけです Σ(*´Д`)ソレダケ。
しかし、頼りがいがあると見えたようですね(彼女談)。彼女のさりげないアプローチで落ちました。

上司を落としたテクニック

よくありがちですが、打ち合わせ時に距離を縮めてくるのです。パーソナルスペースが近いんですよ。男としては「ドキッ」とします。パーソナルスペースが近い女はモテます。大事なことなのでもう一度言います。

パーソナルスペースが近い女はモテます

上に提出する企画がある時など「上手くいくといいですね」と小声かつ不安そうな表情で言葉にするのです。「ヤベェ、かわいい」と本気で思います。仕事は真剣にするが、ふと、不安そうな表情は男の守りたい本能を刺激します

精神的な支え

管理職になると、上と下の板挟みで心労がキツイのです。そう、上司は孤独です。部署内に同列の同僚が少ないですし。そんな時、「大丈夫ですか」と言われてごらんなさい(笑)。「あー、わかってくれてる!!!」とクラっときます。僕の場合ですが、落ちました(笑)。

というわけで、食事に誘って口説く流れでお付き合いしました。

スボンサーリンク

上司を好きになった部下に悪い意味でオトされました

先ほどの人ではありませんが、僕に好意を抱いてくれていた人がいました。自慢じゃないっす(汗)。しかし、その人は僕だけではなく、職場の男全員を自分に振り向かせようとする「イタ子」でした。しかも、プライドがすごく高いから厄介なのですよ(笑)。

自分に振り向かないことに腹を立て相当な陰口を叩いていたそうです。「だからか〜。なんか上司の当たりがきつくなったのは」と納得しました。おいおい、僕の上司にまで変なこと吹き込んでたのかいっ! 内容は「仕事ができない」「手柄だけ持っていく」…まあ色々と。その人とは業務を外れてもらって、口を利かなくなりました。
当たり前か Σ(*´Д`)

好きになった上司が既婚者だったら

よくある話ですね。身近に起きた昼ドラのようなエピソードをご紹介します。既婚している妻帯者の上司と付き合った談。

ドロ沼は覚悟すること

ありそうなことですが、相手の奥さんから電話がかかってきたそうです。内容は「家庭を壊さないで欲しい」とのこと。自分も好きだと主張をしても、子どもがいる人に離婚してくれとは言えなかったそうです。どうしても好きだという人はドロ沼を覚悟すること。

ハッピーエンドはないと思え

不倫の末、女のほうが会社をやめざるを得なかったのです。こういう時って女のほうがすごく不利だと思います。正直、一番ふざけてるのは結婚している妻帯者のほうです。しかし、男は残り女は職場まで失うのは腑に落ちないな。男女逆のパターンでもそう思いますが。

どちらにせよ、ハッピーエンドはないものですね。

最後に

人を好きになることって、自制できないものです。自然となってしまいますからね。それに、相手が目上ならどう気持ちを伝えればよいのか、悩むところでしょう。どうアプローチをすればよいのか??? 恋愛マニュアルにある魔法のコトバは男も知っているので効果は薄いと思います。わざと胸を押し付けたりするのは軽い女と見られることも多々あります。欲情はするけどその時だけの女ってことです。

なので、精神的な支えになるような女はグッときます。実際に落とされた側からの執筆をしました。ぜひ参考にしてください。