転職先が決まった。今の会社に退職理由を嘘ついていい?

退職理由

スポンサーリンク


転職先が決まったけど、今の会社に退職理由ついていいものか。

悩みどころですね。

場合によっては、「嘘ついてもいい」です。

本当はダメだけど、嘘をつかずにいられない事情もわかります。

それは、どんな事情?

退職理由に嘘をつく時もあるさ

本当は正直に話すべきことです。

お世話になった職場だし、今後、転職先と仕事が関連してくるかもしれない。

まあ当たり前ですよね。

でも、嘘をつかなきゃ辞められないような会社だってある

「転職が理由なんて認めない会社」「恫喝して辞めさせない」「困るから引き留め工作にかかる会社」ってガチでありますから。

こんな会社、絶対ダメですよ。

ただ、若い社員たちは、言いくるめられてズルズル居続けることもある。

辞めさせないなら、労働基準局に通報すればいいけどやらない。

問題を大きくしたくないとか思ってしまう。

会社側に問題があって、「嘘」つかないと抜けられない状態ってあるんです。

スポンサーリンク

嘘とわかったけど辞めた人たち

「あ、嘘だったんだ」とあとから聞いたケースなんですが、図太く辞めていった人たちのエピソードをご紹介します。

もう、「女の人はたくましいなあ」と逆に感心しましたw

「わたし結婚します」と寿退職! 翌月から地元の会社にw

20代半ばの女性。

入社して5か月くらいで、結婚のため寿退職しました。

別に、子どもができがとかじゃなかったけど。

結婚が理由で退職すると聞いたとき、「あれぇ、早いなー」とは思ったんですけどね。

のちに、女子社員から聞いたら、結婚は嘘で地元の会社に転職だったとのこと。

でもまあ、気持ちはわかるんですよ。

以前に、入ってそうそう辞めると言った新人を社長が呼び出して、個室で1時間ぐらい怒鳴っていたから。

「社会を舐めてる」「いま辞めたら迷惑」ってわめかれたら、怖いでしょ。

辞めさせないのは労働法に違反しているけど、若い社員たちはそういうの知らないから怖気づくんです。

先ほども言ったように、労働基準局に通報すればいいけど、それをやらないんですよね

争いになるし面倒だから。

寿退職と嘘をついた彼女も、そんな気持ちがあったのでしょう。

結果としては、うまくいったね。

「学校に通うから」と退職! 翌日から同業の会社にw

21歳の女性。

入社して1年位で「全日制のパソコン学校に通うから」という理由で退職。

まあ、「目標があるんだ、がんばるなあ」と思っていたけど。

のちに、女子社員から聞いたら、同じ業界の会社に転職とのこと。

ソレ聞いた時は、「おっほー、やるねぇ」と手の平で踊らされた気分でしたねw

なんせ、お別れのあいさつのとき、「お世話になりましたぁ~」円満退職でしたから。

先ほどの事例と同じで、同業に転職なんて「とてもじゃないけど言えない会社」だったんです。

社長に言ったら「『おるぁー』ってブチ切れられる」と予想していたんじゃないかな。

だから、嘘ついたんでしょうね。

まっとうな会社に勤めていたら、こんなことないと思います。

嘘ついてでも辞める、そういう選択肢しか思い浮かばなかったのでしょう。

でも、本来は「一身上の都合」だけなんだよね

ぶっちゃけですけどー

退職理由は「一身上の都合」だけでいいんですよ。

法律でも退職理由を伝える必要がありません。

▼根拠はコチラ

「労働法は、使用者の方に解雇理由の記載を含む『退職証明書』を出す義務を負わせているだけです(労働基準法22条)。民法上も、期間の定めのない雇用契約では、当事者はいつでも解約の申し入れをすることができると定められており、解約理由は問われていません(民法627条1項)」

社員が会社に退職を申し出るとき、その理由を説明する義務はないということだ。

引用:弁護士ドットコム

「法律上、理由がないと退職できない」なんて規定は一文もないんです

本来は「一身上の都合」だけで十分。

にも関わらず、会社側というのは「納得できる理由」を根掘り葉掘り聞いてくるじゃないですか。

追求できないような嘘もつきたくなりますよ。

会社側からするとどう見える?

会社も「退職理由の嘘」は知っています。

今まで何人も退職者を見てきたんだから、「不自然な理由」や「都合のいい理由」も目の当たりにしてきたんです。

本当のことを言っても、「嘘ついてる」と思って理由を追求する。

でも、そんなことしたって「退職」を決めた人の心は動かないのも知っているんですよ。

ネチネチ退職理由を聞いて、うさ晴らししてるんじゃないかって人もいますから。

「そんな会社、絶対やめたるわ」ぐらいの気構えしておきましょう。

まとめ

本来、嘘をつくのはよくありません。

でも、そうせざるを得ない会社ってある。

世の中、正論だけじゃ生きていけないわけだし。

それに、法律上は「一身上の都合」だけでいいんだから。

うまく世渡りして、やりたい仕事に転職した方が幸せなんじゃないかな。

ではでは!

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー(月間20万PV達成)。
媚びない自由な生き方を模索してます。
仕事、生活などに役立つ情報と僕が思っていることを書き上げます。人生観なんかもちょっと語ったりしています。

▼詳しくはこちらをクリック&タップ

プロフィール詳細 / お問い合わせ