朝礼当番はハキハキスピーチしよう!大きい声を出す方法3つ

大きな声出し方

朝礼当番がやってきました。ネタを仕込んで準備万端。安心ですね。でも、大勢の人の前でスピーチしなければなりません。大きい声を出すのが恥ずかしい、というより大きい声が出ない。そんな方に朗報。だったら今回、自信をもつために大きい声を出す方法で克服しましょう!!!!!

偉そうに言ってますがw、僕は昔から「声が小さい」と言われ、そのことをいじられたりしました。で、大きな声がでるようトレーニングしました。朝礼当番が回ってきても今は堂々としてると自負してるよ。

スポンサーリンク

声が小さいとこんなに損してる

残念ながら離れている人に聞こえません。本人は大きい声を意識しているんですけどね。周りからはいつも声が小さいと印象づけられます。う~ん、困った。

また、説得力も欠けてしまいます。どんなにいいことを言っても、声が小さいと「覇気」がない印象。もったいないですね。でも、今回の記事で楽しく声を出す方法をご参考ください。

大きい声を出す方法

3つの簡単な方法です。自宅で時間をかけずに行える、大きい声を出す方法。関連して»通る声の出し方の記事もご覧ください。

腹式呼吸

風船

腹式呼吸です。呼吸をする時、お腹をふくらませたり、へこませたりします。声を出す時に吐く息の量が増えるため、声量が大きくなります。

ポイントはお腹を「風船」だとイメージすること。イメージしながらやると、体って思ったとおりに動いてくれます。

  1. お腹をへこませながら「口」から息を吐く。お腹がぺったんこになるまで。
  2. お腹をふくらませながら、「鼻」から吸う。お腹と背中が風船のようにパンパンになるまで。
  3. 1の手順で、また「口」から息を吐きます。ぺったんこになるまで。

これを1分間。ゆっくりとやりましょう。慣れたら3分でも5分間でもいいです。

腹筋

お腹から声をだすために腹筋は欠かせません。お腹の底。鍛えると、力強く大きい声が出ます。では、腹筋方法です。

1:腹筋上部を鍛える

ハリのある声を出すために行います。回数は自分の無理に感じない程度。呼吸法は「フーッフーッ」と吐ききってますね。ハリと瞬発力のある声を出すための腹筋方法です。

2:腹筋下部を鍛える(丹田腹筋法)

馬さんですw 丹田を鍛える腹筋方法。丹田とは、へそ下9寸(約3cm)にある部位。「気」があつまり、ここを鍛えると力が湧くといいます。

声を飛ばす

大きい声を出すためには、声をとおくに飛ばすことが必要です。下を向いて声を出すと、床に声がぶつかって聞こえませんよね。

家で練習する方法。壁からできるだけ離れます。家の中なので離れられるだけ。真っすぐ立ち、お腹に手を当てながら「はーっ」と大きな声を飛ばします。

声は放物線を描くように上に向かって飛ばします。ラグビーボールをイメージしてください。もし可能であれば2、3m前に人に立ってもらい、頭を飛び越えるように声を飛ばします。

ラグビーボール

実際の朝礼では、自分が向き合ってる壁にめがけて声を飛ばすイメージで話しています。イメージすると体が自然に適応してくれる感じです

スボンサーリンク

朝礼での効果

僕は広さ10mぐらいのオフィスで朝礼するのですが、上記のような方法で大きい声をを出して全員に響くように心がけています。聞こえないとは言われません(笑)。「うんうん」とうなずいてくれてたりします。自己満足かもしれませんが、朝礼が楽しくなります。

気をつけること

喉から声がでないよう気をつけましょう。そして必要以上に大きすぎる声は気をつけて。なんて話してるのかわかりませんし、聞き手は「うるさい」としか感じません。明るく元気に、心地良い朝礼にしたいですもんね。

まとめ

いかがでしたか。自宅で簡単にできる大きい声を出す方法でした。ぜひお試しください。
このまま»自信がもてる通る声の出し方もどうぞ!

大きな声出し方