なぜ出世する人は性格が悪いのかって思ったことある?

出世する人

出世する人は性格が悪いって口にはしないけど、思ったことある?出世する人は、人間性では好印象じゃないけど、出世はできてる。仕事ができる上に性格が…。

で、まとめてみました。妬みじゃないですよ(笑)。どうぞ!

スボンサーリンク

出世する処世術

出世橋

出世するための生きる術をおさえてる。自分の能力を誇大にアピールするのがうまかったりします。アピールするのは悪いことじゃないですもんね。むしろ「たくましさ」が時にうらやましく思うことも。

「自分はこんなにできるんだ」って見せるフリとか。自分の中で「いい人」であることを潔くやめている。

関連する記事で「ずるいと思うけど羨ましい。自分を売り込むのが上手な人から学ぶこと」でも詳しく解説してるので見てみよう。

仕事ができるフリがうまい

社内で自分以外にCADソフトを使いこなせる人がいないと、存在価値が高まるのがわかります。そこそこやってれば上級者レベルでなくとも、はたから見たとき「できる」ように見えます。

人を蹴落とすことができる

競争社会なので非情さはある程度必要かも。人を蹴落とすことも必要な能力かもしれません。どんなに仲のいい同僚でもいざという時は「自分の利を勝ち取る行動にでれる」

上にだけいい顔することができる

どの職場にもいまよね。同僚からは嫌われるけど上からは可愛がられるタイプ。その人にとっては「同僚からわ嫌われる覚悟」で上とのコネクションを重要視してる。それはそれでよし。潔よすぎ(笑)

おいしいとこをもってくズルさ

チームで取り組んだことや人に助けてもらってこなした業務を上司に報告する時、あたかも自分の力量といわんばかりのアピールをする。

その裏では他人の温情があっても手柄をもっていく図太さは見事としかいいようがないです。

でもルール違反はいずれ自滅するでしょう。
過去に1人降格させられた人、間近で見ました ( ̄△ ̄)

スボンサーリンク

出世する人は頭の回転が速い

回転

もともと頭の回転が速いという人もいますよね。努力で出世する人も多いですが、今回は性格が悪いと思ってしまうがテーマですので(^O^)

仕事ができるから、できない人にきつくあたる

自分にとっては当たり前のことを他人ができないと「何で?」となってしまう。きつい言いかたになるケースです。やっぱり自分基準なので見下すような上から口調になります。

でも、「できるようになってほしい」という気持ちを含んでる言い方もあります。言う人によりけりですね。

ストイックで自分にも他人にも厳しい

努力してできるようになったことがある。それを他人ができてなかったら「自分は努力したのに…」とお怒りになります。どうしても「努力が足りないんじゃ」って思ってしまうんでしょうね。

自分に厳しく生きてるから、他人にも同じスタンスを望んでるパターンです。人は人、自分は自分♪

テキパキしてるから

できる人だから仕事のペースが速い。ついてこれないと「まだ?」とプレッシャーをかけてしまう。頭の回転が速いから次に何をやるべきかは段取りできてるんだけど、そのスピードに周りがついてこれてない。

ついてこれない人は急いでやって、逆にミスをするパターンもあります。焦らせたらミスの発生率は高まります。難しいとこですが、危険作業や失敗が許されない場面ではむしろ周りにあわせることも必要。

性格悪いと言いたくなる

叫ぶペンギン

日本で出世の代名詞といえるが豊臣秀吉。彼は農民から天下人にまで昇りつめた大偉業者です。でも、織田信長の家臣時代は同僚から嫌われてました。

同僚達からすればでしゃばりで、上司である織田信長に取り入るのが上手い。嫌な存在なんですよ。出世する処世術が得意でしたが、もちろん才能・努力もあります。

歴史を見ても出世する処世術って今と通じるところが。

頭の回転がいいで見ると石田光成。彼は人間的に同僚の武将たちに大変嫌われてました(頭の回転がいいため鼻にかけてる印象)。先を読む頭の良さと理財の才で出世したが、いざ体を張ることなどはなく反感ばかり買ってたのです(最後にやっと関ヶ原で戦の責任者となりましたが)。

うん、今と通じる。

ひと言

結局、昔も今も変わらないような…。憎まれっ子世にはばかるでございます。

出世したくば潔く嫌われるキャラに転向。