10年後なくなる仕事に転職すべきか?


ダンボー

転職したい仕事が10年後なくなるとしたら…。

はいどーも、ユキノブ(@MirokuNet)です。

ちょっと不安ですよね。

せっかく転職したいと思っていたのに、なくなるんならやらない方がいいのかなって。

でも求人はでているし、やりたい仕事ではある!

逆に考えれば、今ならまだできる仕事なんじゃないかと。

将来の見通しと比べながら、なくなるといわれる仕事に転職を「するべきか」「せざるべきか」の答えを導きだしていきます。

スポンサーリンク

10年後なくなる仕事とは

英オックスフォード大学でAI(人工知能)の研究に取り組むマイケル・A・オズボーン准教授が10年後になくなる仕事を発表。

コンピューターにとって変わられると主張している

その仕事とは

10年後になくなる仕事一覧
銀行の融資担当者 スポーツの審判
不動産のブローカー レストランの案内係
保険の審査担当者 動物のブリーダー
電話オペレーター 給与・福利厚生担当者
レジ係 娯楽施設の案内係・チケットもぎり係
カジノのディーラー ネイリスト
クラジットカード申込者の承認・調査を行う作業員 集金人
パラリーガル、弁護士助手 ホテルの受付係
電話販売員 仕立て屋
時計修理工 税務申告書代行者
図書館員の補助員 データ入力作業員
彫刻師 苦情の処理、調査担当者
簿記、会計、監査の事務員 検査、分類、見本採取、測定を行う作業員
映写技師 カメラ、撮影機器の修理工
金融機関のクレジットアナリスト メガネ・コンタクトレンズの技術者
殺虫剤の混合、散布の技術者 義歯制作技術者
測量技術者、地図製作技術者 造園、用地管理の作業員
建設機器のオペレーター 訪問販売員、路上新聞売り、露店承認
塗装工、壁貼り職人

おお、めっちゃあるやん!

こんなになくなるんなら、失業者もあふれるんじゃないでしょうか。

あと塗装工とか壁貼り職人もなくなるとしていますが、ホントかなって疑問も。

壁貼りってクロス職人でしょ。

部屋の壁を白とかいい感じの模様を貼っていくやつ。

なくなりそうにないんだけどな。

これらがAI(人工知能)にとって代わられるっていうなら、ウチにロボットやってきて作業をするのだろうか。

まあ10年後に確認するしかないんでしょうがw

スポンサーリンク

なくなる仕事に転職していいのか

将来危うい仕事といわれても、やりたいって気持ちは抑えられるのかな? と。

ネイリストみたいな憧れの職業もありますからね。

それで10年後なくなるから挑戦しないって、何か違うような気がしたわけです。

あわせて言えば、本当に10年後なくなっているの? って確証がないんだし、今経験しておいてもいいんじゃないかということ。

であれば、転職してもイイって結論になるんですよね。

その仕事に従事していくうちに、新しいスキルもつくだろうし、10年の間に別の仕事にいくかもしれない

何事にも、経験することには意味と価値があるはずといえるでしょう

関連:第二新卒・既卒に絶対おすすめの転職サイト厳選3社

10年後なくなる説のために諦めなくていい。

たしかに、なくなりそうな仕事もある

歴史上、仕事というのは生まれては消えていくモノもありました。

近年減少傾向にあるのが、印刷・製本従事者で16万人減少。

原稿の入力や写真の色分解など作業者がいたのですが、コンピューターに変わってきています。

たしかに、この状態だとこれから仕事に就くかどうか躊躇するかも。

だからなくなる仕事といわれる中で見定めたいポイントは、人間の創造力を必要とするかどうかではないでしょうか

発表したオズボーン氏も言ってるからね。

それにネイリストや彫刻師なんてもう創造の世界でしょ。

仮にAI(人工知能)があらゆるデータを元に彫刻をデザインしても「ああね」ぐらいですが、人が無から作り上げたモノには感動するはず

創造力で勝負する仕事ならAIに負けないでしょう。

スポンサーリンク

転職後10年の間に求められるスキルを身につければいい

なくなるといわれても、人にしかできないこともあるし、10年後の確証はない。

同じ業界の他業務に就いてるかもしれないし、別業界へ転職や独立してるかも。

つまり、未来に絶対はないってことです

創造力を活かす仕事なら生き残る可能性もあるわけですし、結果は10年経たないとわからないから、転職をあきらめなくてもいい。

それまでに、求められるスキルを身につける方が大事です。

やりたいこと仕事と並行して「食いっぱぐれない技能」を勉強していけば安心ということ。

  • 未来に絶対はない
  • 創造力を活かす仕事
  • 常に勉強して変化に対応

生き残る人って常に勉強して変化に対応してますからね。

最後は適応力ってことで落ち着きました。

PR:あなたの市場価値を無料で知る方法(面接確約オファーつき)

人間関係、ブラック環境…転職できたらいいけど自分は価値があるだろうか?

不安を抱える人は多いのではないでしょうか。

そこで自分の市場価値を知るサイト『MIIDAS(ミイダス)』をご紹介します。

MIIDAS(ミイダス)

プロフィールを登録して簡単な質問にボタンを押して答えていくだけです。

ぼくは、わずか5分ほどですぐできました!

すると、自分の市場価値がパッとわかる!

ミイダス

7万人の転職実績データから自分と同じキャリアの人がどんな仕事でいくらの年収で転職しているかわかる。

そして市場価値がわかれば「自分は転職市場で必要とされるだろうか?」という不安を解消できます

つまり、意欲的に転職活動できるので、人間関係やブラック環境などわずわらしい問題から解放されイキイキ働けるのです。

だから、自分の市場価値に興味がある方はぜひミイダスに登録してみてくださいね!

公式サイトは下のボタンから!
MIIDAS(ミイダス)
 

MIIDAS(ミイダス)を使った感想。オファーはくるの?

自分の推定オファー年収を知ることができたのは転職活動のモチベーションUPにつながりました。

なぜなら、自分のことってなかなか客観視しづらいから

あと、純粋に楽しかったw

最も疑問視していた、「ホントに面接確約オファーくるの?」という課題ですが

マジでオファー来ていました(疑ってごめん…)
面接確約

ただ、オファー年収が360万~600万円とかなりの振り幅がw

他の企業も年収はそれぞれ違いました。待遇が違うから当たり前でしょうがね。

でも実際に使ってみて、「面接確約オファーは本当にくる」とわかったのでよかったです。登録においての質問は18問ほどありますが、それを上回るメリットとして自己価値がわかるし面接確約オファーもあるので利用する価値はありますよ。

なので今すぐ転職しなくても、自分の市場価値は知っておいた方がゼッタイいいです。

なぜなら自信になるから!オファーもあるし!

それにいざ転職しようと思ったときは、すでにストレス・過労でなかなか動けません

しかし、MIIDAS(ミイダス)に登録しておけば、いざ転職活動するときの行動力につながりますオファーもくるんで心に余裕も生まれます

だからストレス・過労で困る前にミイダスで転職の準備をしておきましょう!

公式サイトは下のボタンから!
MIIDAS(ミイダス)
 


ABOUTこの記事をかいた人

雑記ブロガー。月間18万人に読まれる「働く君に花束を!」運営者。職場で無視されいじめにあったので『対会社、ハラスメント、仕事ネタ』について記事を書くようになりました。 内向型のポジティブヤロウです。

▼詳しくはこちらをクリック&タップ
プロフィール詳細 / お問い合わせ