【朝礼ネタ】ストレートにニーズを聞く方法! ためになる話スピーチ

朝礼ネタ

ニーズを的確に捉えるのって容易ではありませんね。すぐに把握できるなら誰も苦労はしません。さぐってさぐってやっとわかることもあります。わかったと自分では思っても、見当違いってこともよくあります。

ニーズって難しい…。そんなあなたに朗報! 今回の朝礼ネタはニーズをストレートに聞き取る方法です。まわりくどい聞き方が苦手な人にはためになればと思います。ニーズをスピーチしましょう。

スポンサーリンク

朝礼ネタ「ニーズ」の捉え方

営業マンも販売員も積極的にニーズを質問する人が少ないように感じます。パソコンを買おうと見て回っていると販売員は寄ってきますが、「本当に何を求めているか」までは質問してこない場合もあります。

顧客は「欲しいもは何か」という考えをまとめていない状態が多いのです。営業マンや販売員は「顧客と一緒にニーズにあったものを掘り出す」ことが必要です。

商品の説明になるとマシンガントークを繰り出す人がいますが、顧客は聞いているうちに疲れてきます。顧客が聞きたいこととはズレたことに気づかず、説明を終え「どうだ!」といわんばかりのドヤ顔を披露しても顧客はすでに冷めています Σ(*´Д`)マジツレエ

どストレートに聞く方法とは、たった一言だけでいいのです。

ご希望はございますか?

回りくどいことはせずに、どストレートに聞きまょう。

■ : どんな○○をご希望ですか?
(○○は、説明、価格、メーカー、性能、使用目的など)

■ : ご希望の○○はございますか?
(○○は、価格、メーカー、性能、使用目的たなど)

どんなパソコンをご希望ですか?
予算おいくらぐらいをご希望ですか?

遠慮せずにどストレートに聞きましょう。意思表示と同じ意味で»朝礼ネタ欲しいって言わなきゃ伝わらないもご覧ください。

アマゾンで星4つ、質問全般の本↓

スポンサーリンク

ためになる話 朝礼ネタ「ニーズ」をスピーチ

朝礼ネタはニーズを聞くことですが、スピーチの際、ハウツーを教える感を出すと「ふん、偉そうに!」と舌打ちをされることもるので、体験談で構成します。

スピーチ例

家電量販店にパソコンを見にいきました。店員が話しかけてきて「どんな目的でお使いになりますか?」と質問を受けました。目的を聞くと「これはこういう機能で〜」とマシンガントークを受けました。正直、ちょっとしんどかったです(笑)。

そこにこだわってるんじゃなくて「価格とメーカーで探したい」のです。会話にズレが生じたんですね。ニーズをもっとストレートに聞いてくれたほうが、商談がスムーズになると思いました。

「顧客と一緒ににニーズにあったものを掘り出す」ことを心がければ、成約は上がるでしょう。顧客とも一体感を持ち、成果の上がる日としましょう。

一言

「売ろう売ろう」とすれば「買わない買わない」と意地になります。まずは、顧客との信頼関係が大事ですね。一体感を持ってニーズをどストレートに聞きましょー。まだまだネタ探しの方は
»朝礼ネタ・スピーチのカテゴリに目を通してください。

自分の「強み」を知ったら「転職に自信」がつきました!!!

あのリクルートグループが運営する転職サイトの超大手「リクナビNEXT」では

  • 気づかなかった「強み」
  • 気づかなかった「得意なこと」
  • 気づかなかった「やりたい仕事」

をすぐに教えてくれる診断テストが、なんと「無料」で受けられます!

さらに、今や2人に1人が利用する安心スカウトサービスも利用すれば、強みに合った非公開求人があなだだけに届くうれしい特典つき!

「強み」を診断して面接アピールに活用しましょう。

安心の無料サービスなのでこの機会にぜひどうぞ!