Photoshop レイヤーマスクでなじませて画像を合成する方法

完成

Photoshop画像合成は色んな方法があります。今回は2つ以上の画像をなじませて合成しましょう。

境目が自然になじんだ感じで合成する方法です。ネットショップやHPのバナーを制作する時、かなりの頻度で画像合成はあります。

元画像を劣化させないマスクを使ったやり方をマスターすれば、これからの作業が簡単になるのでご紹介します。

スポンサーリンク

Photoshopのマスク機能で自然に画像を合成しよう

まずはマスクの意味を知っておこう!

マスクとは
Photoshopを始めたばかりの頃って、何だかマスクってよくわからない。そんな苦手意識がありました。

マスクについて、説明します。マスクとは「覆う」という意味。画像の一部を覆って、その部分だけを編集することに使います。

素早く編集することに長けた「クイックマスク」やレイヤー自体にかける「レイヤーマスク」がよく使われます。また、枠線をつけることも。

関連:簡単!Photoshopで枠線を画像全体につける方法2つ

レイヤーマスクでなじませた自然な合成

おおまかに流れを言うと、画像を2枚重ねて、上のレイヤーに「レイヤーマスク」をかけて下の画像と自然な感じで合成をします。

この作業の利点はマスクをかけるため、元画像自体は編集しないことです。元画像は編集を重ねると劣化しますからね。

画像2枚を表示したら、上の画像がアクティブになっていることを確認。アクティブとは選択されていること。きちんとなっていれば青色になってるでしょう。

▼2枚重ねた画像。境目がはっきりしている。
合成前

▼アクティブ状態。
アクティブ

▼レイヤーパネル下にある「レイヤーマスク」をクリック。すると隣に表示されます。
レイヤーマスク

ここで注意! 一度、別のレイヤーをアクティブにすると今の「レイヤーマスク」はかかっているけど編集が有効にはなりません。
チェーンの隣をクリックすれば編集が有効の状態になります。四角が「」で囲まれます

▼「レイヤーマスク」が有効なのを確認して、ツールボックスで「ブラシ」を選択。
ブラシ

▼次にブラシウインドウを表示。「メニュー → ウインドウ → ブラシ」で表示されます。また「F5」ボタンでも表示されます。
ブラシは「ソフト円ブラシ」を選びましょう。
硬さは「0」に設定。「0」にすることで画像の境目をぼかして自然な雰囲気を演出できます。
ブラシウインドウ

▼大事なチェックがあります。ブラシの設定の後、描画色が「黒」になっていること。でないと、画像の境目が編集できません。
描画色

ブラシで境目をなぞってくださいぼんやりしてきます

もし、消しすぎた場合は描画色を「白」にして塗れば元の部分が表示されます

▼境目をぼんやりさせたのがこちら。
完成

▼合成前と見比べてみましょう。
合成前

境目のぼんやり感に違いがありますね

ここまでできたら、後はトリミングで切り取って適度なサイズに設定。レイヤーマスクを使っての自然な合成完了です。

おまけ

消しゴムで不透明度を下げて似たような画像を作ることは可能ですが、元画像自体をいじるのでぼくは好んではやりません。

なので割愛しました。画層は編集を重ねると劣化するのでマスク推奨です。

Photoshopでは色んな画像合成法があります。今回の方法が気に入ったらお使いください。

自分の「強み」を知ったら「転職に自信」がつきました!!!

あのリクルートグループが運営する転職サイトの超大手「リクナビNEXT」では

  • 気づかなかった「強み」
  • 気づかなかった「得意なこと」
  • 気づかなかった「やりたい仕事」

をすぐに教えてくれる診断テストが、なんと「無料」で受けられます!

さらに、今や2人に1人が利用する安心スカウトサービスも利用すれば、強みに合った非公開求人があなだだけに届くうれしい特典つき!

「強み」を診断して面接アピールに活用しましょう。

安心の無料サービスなのでこの機会にぜひどうぞ!