37度の熱で仕事休むは甘え? くだらない根性論に終止符を打とうと思う


熱

世の中には、37度じゃ仕事休むことを許さない人がいます。

「お前の価値観勝手に押し付けんなよ」と思うんですがね。

意見が2つに分かれるようだけど

ぼくは

「37度も熱出たんなら休もうぜ」

と言わせて頂きたい!

そもそも、何度の熱が出たら休むべきって区切りは必要ありません。

今回、この論争に終止符を打ちたいと思います。熱く語りますよ。

スポンサーリンク

37度の熱で仕事するデメリット

(1)病気の拡大

熱が出る時ってどんな時でしょう?

風邪といったウイルスが体に侵入して回復のため熱が出るのです。

そのウイルスが感染するなら、職場に病気を撒き散らすわけ

それこそ大問題なわけですよ。感染した人が自宅に帰って、さらに家族にうつしてしまう。

感染した子どもが学校でウイルスを撒き散らす。

最悪です。37度の熱から発生したバイオハザード(生物災害)になるかもしれません。

阻止しなければいけない!

(2)仕事がすすまない

体にムチ打って仕事をするのだから、なかなか回復しません。

1,2日休めば治るかもしれないのに、無理に働くから長引くのです。

仕事の集中力は欠けるし、ミスも起こりやすくなる。ミスが続けば、周りに迷惑をかけるじゃないですか

仕事の評価だって下がりかねません。それより回復してから仕事がんばった方が断然いい。

だから、37度の熱でもしっかり休まなければいけません。

(3)熱があるのに出社した人の風邪がうつって成績不振

熱があるのに、根性で出社した人から風邪をもらったことあります

そのときの風邪が、まあタチが悪いことなんの。まったく治らない!

当時、営業だったのですが、月末に病欠したためノルマ達成できなかったのです。

ノルマ達成しないと歩合がつかないのに、「ああ、俺の歩合給が~」となげきましたね。

根性で仕事をしに来る人は止めなきゃいかん! 日本国民のスローガンにするべきです。

スポンサーリンク

根性論? 責任感? いや押し付けです

というわけで、37度の熱があれば仕事は休むべき。

ただ、逆の意見の人もいます。「軽い熱で休むなよ」という、責任感押し付けタイプが厄介なんですね

「あなたの価値観を押し付けないで」とつくづく思いますが。

人によって同じ熱が出ても、体のきつさだるさは感じ方が違うでしょう

別に自分が無理するのは勝手なんですが、人に病気をうつしたり、意見を押し付けてくるようだったら、正直、クソ面倒くさい。

ちょっとの発熱だったら仕事やろうぜ的な根性論は必要ないです。

我慢するのが大人と思っている人がいますが、病気をうつさないのが大人なんですよ
スポンサーリンク

37度の熱で休んだら嫌味の嵐だった

風邪をひき37度の熱が出て仕事を休みました。

翌日、出社したら職場の古株おばさんから「37度程度の熱で休むとか、私の子供だったら許さんよ」て目を吊り上げて言ってきたんです。

だるい、このおばはん。

まったく同意しなかったんですが、すごく口が臭かったので言い返さず逃げました。

他の先輩からも「普通、軽い熱だったら休まないよ」と言ってきましたが、「僕の普通は人に風邪をうつさず、完全回復に専念すること」と論破してやりました。

会社の許可を得て休んだので何も悪くないです、はい、100%悪くないです

迷惑かかる、無理したら熱が長引く

だから、37度の熱が出たら会社を休むべきと考えています。

何度も言いますが、周りに風邪をうつすということもあるし、感染した人が家族にうつして 、子どもが学校でウイルスを撒き散らす

被害が拡大する可能性は十分ありますからね。あと、しんどいのに無理して働いても効率悪いので

この記事をここまで読んでいる人は、同じ考えだと思います。

反対の人は途中でこのページを閉じてると思いますから。

てことで、一言でまとめると

熱が出たら自信をもって休みましょう!

終わり。


ABOUTこの記事をかいた人

雑記ブロガー。月間18万人に読まれる「働く君に花束を!」運営者。職場で無視されいじめにあったので『対会社、ハラスメント、仕事ネタ』について記事を書くようになりました。 内向型のポジティブヤロウです。

▼詳しくはこちらをクリック&タップ
プロフィール詳細 / お問い合わせ