大企業からベンチャーに転職? 安易に行くと失敗するかもよ!?


ベンチャー

大企業に勤めているけど、ベンチャー転職しようかな」

ブロガーのユキノブ(@MirokuNet)です。

自由でやりがいのありそうな!

魅力的だし生きがいを感じられるかもしれませんね。

でも、本当に大企業から抜け出していいの?

転職を考え中の人は、この記事でどんな道にススムか決断できます。

ベンチャーに勤めていたぼくが、その理由をお伝えしましょう。

スポンサーリンク

大企業からベンチャーへ転職するのは危険

ベンチャーに転職したい理由はいろいろあるでしょう。

自由な社風に憧れるとか今の仕事に先が見えないとか

ノータイでウェイウェイなイメージがかっこいいとか。

はたまた、「伊勢谷友介」みたいなシュッとした人が、スタバコーヒーを飲みながら、「おはよう」なんて言う職場に憧れるとかw

ああ、そんな職場で働いていればゼッタイモテるやん!

まあもっと深刻な理由がほとんどでしょうがw

しかし、人それぞれ理由はあれど、結果、大企業からベンチャーに転職して失敗する例があるんですよね。

「生活水準が下がった」「思うように仕事ができない」なんて「あるある」です。

環境がガラリと変わることに躊躇(ちゅうちょ)するようなら、転職は見送った方がいい

大企業からの転職は危険がいっぱいなんです。

スポンサーリンク

大企業とベンチャーの違い4つ

大企業とベンチャーは天と地ほど違う。

月とスッポン、雲泥の差ですよ。

① 待遇が違うよ

大企業の常識がくつがえります。

給料はほぼ下がります

そうなれば、生活水準も下がります。

土日祝休みで年間休日125日なんてそうそうありません

「交通費は月いくらまで」とか必ずしも全額じゃないこともある。

そう、ベンチャーとはアドベンチャー!

熱い冒険野郎の会社だからムリなことを楽しむ。

待遇は大企業に比べれば「下がる」けど、やりたい仕事に挑戦したいなら飛び込むのもありですよ。

② 大企業と仕事の質が違うよ

大企業の頃って他部署との連携で仕事したりするけど、ベンチャーは一人でこなすことが多いです

たとえば、ぼくはネットショップの仕事で企画やデザイナーも兼任していたし、事務職もやりました

でも、大企業だとそれぞれ役割があって専門職ですよね。

デザイナーとして採用されたのに、事務もやるし「思っていたのと違う!」ってなるでしょう。

また、大企業では他部署との連携でプロジェクトを完遂したのに、自分の力でなし得たと過信してしまうことも。

でも、本当は他部署の力があってこその話。

優秀な人がいたから遂行できたプロジェクトを自分の成果と勘違いする場合もあります。

社内での連携、交渉がうまかったからであって、対外的な交渉力ではありません。

抱える仕事は多いし、根本的な質の差もでてきますね。

③ 大企業の傘がない

たとえば営業で、お客さんへのアプローチがすんなりいったのは、大企業の傘があったから。

コレ、相当でかいでしょう。

郵便局の保険営業から転職した人の話ですが、今までは玄関先で「郵便局でーす」と名乗ればドアを開けてくれた。

でも、転職先の社名を名乗ってもドアは開けてくれないし、契約もまったくとれないとボヤいていました。

今まで大企業の傘に守られていたのを、個人の力と勘違いしていたんですね

ベンチャーに行くなら「はだか一貫」の覚悟が必要。

④ 研修制度がないよ

大企業だと指導係がついてくれたり研修制度がありますが、ベンチャーはほぼないです。

むしろ、自分で仕事を作っていく主体性を求められます

ベンチャーはさして人も多くないし一人で多業務を担当しているから、転職組の教育に時間を割く余裕はありません。

ぼくの経験でも「はて、何をしていいのやら?」と頭が真っ白になったことがありますので。

「指示待ち」は置いてけぼりになるから、積極的に動く心構えの準備をしておきたいですね。

エリートがベンチャーへやって来た実話

ぼくが勤めていた福岡の会社に

東京に本社のある大企業から、40代女性が転職してきたことがあります。

どんな理由で転職したのかは聞いていなかったんですが、思いきった決断だなあと感じていました。

で、やはり、大企業とは体質の異なる小さな会社に相当ストレスを抱えていたわけで。

ネットショップ運営、Webサイト構築業務でしたが、忙しい時は休日出勤もしていたんですね。

待遇も大してよくなかったし…てか、めっちゃ給料低かったしw

吹けば飛ぶような会社だったから必死なわけです。

そこである日、とうとう爆発しちゃって、「私が働いていた大企業ではこんなんじゃなかった」と怒って帰りました。

「おお、そうなのか」と心で返事しかできなかったんですが、大企業での待遇が身に染み付いて耐えられなかったのでしょう

腹をくくってからベンチャーに転職すれば、耐えられたんじゃないかと思います。

なぜ転職したいのかを再確認

もちろん、危険だけじゃない。

転職したい理由が「ベンチャーでしかできないこと」なら

どれだけ環境が変わるか、理解した上で挑戦するのもやりがいがあるでしょう。

そして、大事なのは「なぜ転職したいのか」です。

もし待遇に不満であれば、他部署へ異動で解決するかもしれません。

それでダメなら大企業から大企業への転職の方がいい。

自分がなぜ転職したいのか、再確認することをおすすめします。

環境の変化に躊躇したら転職は見送った方がいい

もし、躊躇したら、ベンチャーへの転職は見送ったほうがいいですね。

実際に働きだすと「転職しなきゃよかった」なんて後悔するから。

「待遇、環境の変化は覚悟の上だ! それでも挑戦したいことがあるんだ!」という人が、ベンチャーでやっていけるのではないでしょうか。

あなたはどうしたいですか?

おすすめの転職サイトランキングはこちら!

どんな転職サイトが自分に合うのか確認しておいた方がいいです。

いざ転職を考えたとき、どのサイトが自分に合うか迷わずに済むから。

自分に合う転職サイトがわかっていれば、すぐに行動できて貴重な時間をムダにしなくて済みます。

転職サイトは登録も利用も無料。あなたに合った求人がメールで届くから転職サイトは確認しておくべき。

>>> おすすめの転職サイトランキングはこちら

 


ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー(月間15万人が読む「働くキミに花束を!」運営者)。 ブラック企業で壮絶なパワハラを受け社畜の経験をしたことから、『会社の見方、ハラスメント、仕事ネタ』について記事を書く人になりました。 地味に雑学が好きw 内向型で根暗なポジティブヤロウです。

▼詳しくはこちらをクリック&タップ
プロフィール詳細 / お問い合わせ