朝礼ネタ それ和製英語かもよ! 英語雑学ネタまとめ

朝礼ネタ英語雑学です。テーマは和製英語。そう、日本で勝手に作られた英語ってヤツです。当たり前のように使っているけど、英語圏の人からすれば「はあ?」となる不思議な単語ですね。

まあ、日本語も外国では変な風に解釈されることもあるし、お互い様にしてもらいましょう。

和製英語とはどんなものか、種類や由来をリサーチしました。朝礼ネタに活かして、博識披露しましょう。

スポンサーリンク

朝礼 英語雑学まとめ。コレ和製だったの?

OL

職場の華、OL(office lady)は和製英語す。英語圏では一般的な社会人を男女問わずoffice workerといいます。だったら、OW!? それも変ですよね笑。

そもそも、OLと呼び名がついたのはなぜでしょうか。以前は、Business Girlの略でBGと呼ばていました。これ、娼婦を意味するBar Girlの略になんです。そのため、NHKはBGを放送禁止にしました。

東京オリンピック開催前の1963年、来日する欧米人に誤解されないため、雑誌「女性自身」が代わりの呼び名を募集。選ばれたのが「OL」です。

てことは、初めから和製英語を作る気だったんですね。

サラリーマン

サラリーマンはsalary(ラテン語で塩)とman(男)をつなげて作られた和製英語です。つまり塩男。なにそれしょっぱい!? 働く男をの名称としては、不可思議な気がします。。。

では、サラリーマンの由来をば。
サラリーのsalaryはラテン語で塩を意味すると先に述べました。そして古代ローマでは、兵士の給料として当時貴重な塩を与えていました。
後に、サラリーが英語でソルトになります。つまり、サラリーとは給料を意味するように和製英語で作られたんです。大正時代から、スーツで働く人のことをサラリーマンと呼び始めました。
でも、正しくはoffice workerだけどね。

サラリーマンからのつながりで朝礼ネタ 10のビジネス雑学もご覧ください。

フロント

ホテルや病院の受付のことをフロントといわれますが、これも和製英語。正しくはreception(レセプション)といいます。

ん? ちょっと待った。ホテルのフロントに英語で「FRONT」と立て札があったけど。。。外国人がその立て札を見ても、レセプションとわかるのだろうか。古びたビジネスホテルだったんで、外国人が来なくてつっこまれないままだったのかな。ちなみに、ビジネスホテルも和製英語です。あまり深い由来がないので割愛(かつあい)します。

トランプ

英語圏でトランプは切り札という意味。カード自体を指すものではありません。日本でいうトランプはplaying cardsやcardsといいます。

由来は明治時代、外国人がカードをしていた時に「トランプ」と言ったことから。トランプとは勝利や征服を意味するtriumphが語源です。カードのことをトランプと解釈してしまいました。

はい、そこで頭をよぎったのが、かの有名なマジシャン、トランプマン。その名前、和製英語なのね。

トランプから共通して朝礼ネタ トランプ大統領になるまでの暴言まとめ。支持された理由とはを一読くだだい。

ナイスショット

ゴルフで「ナイスショット!」なんて粋に言いますよね。ナイス(うまい)、ショット(打球)です。しかし、英語圏ではグッドショットです。

なぜ、ナイスショットといわれたのかは不明です。昔のおじさんあたりが言い始めたんだろうなあ。接待で必死に盛り上げていたのかだろうか。。。

ホッチキス

オフィスの必需品、ホッチキス。これまた和製英語。英語圏ではstapler(ステイプラー)といいます。

ホッチキスはベンジャミン・バークリー・ホッチキス氏からとったもの。しかし、ホッチキス氏は機関銃の発明者。ホッチキスのとじ金の連射式が機関銃の連射式と似ていたから、名前で呼び始めたんです。
人の名前なので、英語圏では通じません。

関連:朝礼ネタ雑学 突き詰めると面白い語源9つをスピーチ

オーダーメイド

オーダーメイドというと、特別に作られた高級感がただよいますが、立派な和製英語。order(注文)とmade(作られた)をつなげられただけ。

正しくはmade-to-order(メイド トゥ オーダー)です。なんか惜しくありませんか。オーダーメイドとメイド トゥ オーダー。わざわざ和製英語にせずとも、正しく発音していいと思うんですがね。

スポンサーリンク

和製英語の雑学を朝礼スピーチ

実は和製英語だったこと、つまり「思い込み」をテーマにします。

朝礼スピーチ

知らずに使っていた和製英語、いかがでしたか。正しいと思い込んでいたことが、実は正しくなかったら。。。仕事に置き換えるとゾッとします。

私たちは仕事のプロです。もし、間違えて理解していることがあれば即、直さないといけません。正しい知識と確かな経験を持って仕事に取り組みましょう。

一言

和製英語だとわかっていても、使い続けるよね。だって、日本ではそれで通っているんだもの笑。結局のところ、正しくないとわかっていても慣習の方がまかり通るんですよね。勝てば官軍とはよく言ったものだな。

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー(月間20万PV達成)。
媚びない自由な生き方を模索してます。
仕事、生活などに役立つ情報と僕が思っていることを書き上げます。人生観なんかもちょっと語ったりしています。

▼詳しくはこちらをクリック&タップ

プロフィール詳細 / お問い合わせ